本・書籍
ビジネス
2018/2/27 16:30

「仕事の報酬は何?」ソニー創始者・井深大はなんと答えたでしょうか?

フリーで仕事をしていると、仕事の報酬というのはとても気になるものだ。特に僕のようなフリーライターは、報酬でランク付けされていると言っても過言ではない。

30445795 - hand receiving money from businessman - united states dollar (usd) bills

 

 

仕事の報酬は「お金」でしょ?

あなたは、やった仕事に対する報酬と言えば、何を思い浮かべるだろうか。もちろん「お金」だろう。僕だってそう思う。仕事をしてお金をもらって生活をする。それが当然だ。でも、そうではない答えをしている人がいる。ソニーの創業者である井深 大氏だ。彼はなんと答えているのだろうか。

 

 

井深氏曰く「仕事の報酬は仕事」

イキな大人の言葉の体操』(柳下要司郎・著、多湖 輝・監修/学研プラス・刊)は、『頭の体操』シリーズで有名な多湖 輝監修の、人を動かす言葉力が身につく本だ。一般人や有名人の粋な言い回しなどをクイズ形式で紹介している。

 

本書の中に、「なんのために仕事をするか」への井深氏の答えが掲載されている。その答えは「仕事」だ。

仕事の報酬は、金でも地位でも名誉でもない。いい仕事をすれば、引き続きいい仕事、面白い仕事、自分のやりたい仕事が回ってくる。それが何よりの報酬だ。

(『イキな大人の言葉の体操』より引用)

 

この言葉には、思わず「そうだそうだ!」と大声で叫びたくなった。

 

いい仕事が次のいい仕事を連れてくる

フリーライターは、仕事をしてなんぼの商売。もちろんお金も大事だが、仕事がなければお金はもらえない。いい仕事をすれば、次も仕事がやってくる。逆に言えば、適当な仕事をしていたら、次の仕事はやってこない。これではお金がもらえない。

 

とても身が引き締まる言葉だ。本書を手に取ったときは、「ちょっと気の利いた言い回しが載っているんだろう」と気軽な気持ちだったのだが、まさかこんな含蓄のある言葉に巡り会うとは。

 

 

フリーランスも会社員も「いい仕事」をすることが重要

これは何も、フリーランスにだけ当てはまることではない。会社員でも、与えられた仕事でいい結果を残すことで、さらにいい仕事が舞い込んだ結果、出世をしたり給料が上がったりすることだろう。

 

仕事の報酬は仕事。これからはこの言葉を座右の銘として、毎日の仕事を頑張っていきたいと思う。

 

【著書紹介】

 GKNB_BKB0000405912332_75_COVERl

イキな大人の言葉の体操

著者:柳下要司郎(著)、多湖 輝(監修)
出版社:学研プラス

本書は『頭の体操』の多湖輝監修の元、一つひとつの練習問題を解きながら、相手がコロッと変わる「機転」の一言、リーダーとしての胆力がつく一言、人生に何が必要かを教える一言等、楽しみながら10のテーマを通じて人を動かす「言葉力」が身につく本。

kindlleストアで詳しく見る
楽天Koboで詳しく見る
iBokksで詳しく見る
Bookbeyondで詳しく見る

TAG
SHARE ON