本・書籍
2018/4/24 13:30

こんな検定があったのか!「イルミネーション検定公式テキスト」を読んでイルミネーションについて勉強してみた

世の中にはいろいろな“検定”があります。漢字検定や英語検定などは、一般的によく知られています。

 

そのほかにも、世界遺産検定やアロマテラピー検定のような実用的なものから、鉄道ファンが腕試しのつもりで挑戦することが多いという時刻表検定まで、そのジャンルは多種多様です。

 

 

興味津々、イルミネーション検定

イルミネーションのある街並みといえば、カップルの定番デートスポットです。東京の「丸の内イルミネーション」や、神戸の「神戸ルミナリエ」は人気ですし、最近は家の庭や壁に手作りのイルミネーションを作る人が増えています。

 

イルミネーションは私たちの暮らしに身近なものですが、そんなイルミネーションの知識を問う“イルミネーション検定”、通称イルミ検定という検定があることを知りました。

 

2017イルミネーション検定公式テキスト2級・3級」(夜景観光コンベンション・ビューロー・著/刊)は、受験生をターゲットにした公式テキストです。このような本が発売されるくらいですから、結構な受験生がいるとみていいでしょう。

 

 

どんな人が受験するの?

さて、このイルミ検定、いったいどんな人が受験するのでしょうか。公式ホームページによると、

 

・イルミネーションや夜景が好きでもっと楽しみたい方

・イルミネーション業界や観光業界への就職を目指す学生や社会人の方

・イルミネーションに関わる知識・見聞を広げたい方

・エンタテインメント、展望台、ホテル、自治体等の業界に従事している方

 

…などが対象のようです。

 

本書に記された運営事務局の丸々もとおさんのコメントによると、「イルミネーション分野を担う人材はまだまだ少ない」「本検定を通してより多くの有能な人材の輩出を目指し」たいとあります。事務局の気合いが感じられます!

 

もちろん、イルミネーションにとにかく興味のある方も大歓迎のようです!

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON