本・書籍
2018/8/23 6:00

「ソシャゲ課金をやめさせるには?」 蛭子さんの回答が斜め上過ぎる !──『蛭子能収のゆるゆる人生相談』

俳優・小日向文世さんは、蛭子さんとおなじ芸能事務所に所属している。

 

漫画家やバラエティタレントに思われがちですが、蛭子さんには個性派俳優の一面もあります。デビュー公演は劇団東京乾電池。2時間ドラマシリーズ「おばさんデカ 桜乙女の事件帖」では市原悦子さんの相手役を好演していました。

 

1980年代のTVデビュー以来、30年以上も芸能界で生き残っている御年70歳の賢人からは、たくさん学ぶことがありそうです。『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(蛭子能収・著/光文社・刊)という本をオススメします。

 

 

夫がソシャゲ課金をやめてくれない

【相談者】47歳女性・農業手伝い
夫が、スマホゲームにはまっている。食事中も、運転中も、いつもいつも。毎月の課金額も多い。やめてほしいと言ったらケンカになる。どうすれば?

 

パートナーの不満に対する、蛭子さんの回答は──


オレの女房は一時期、パソコンでやるゲームにはまって(中略)「まったくバカなことをしている」と思ったけど、注意はしませんでしたね。
だって、ゲームをしていないときは、オレのことを怒るからね。だから、その間は、叱られずにすむと思って熱中させていました。

(『蛭子能収のゆるゆる人生相談』から引用)

理由はともかく、奥さまのことを尊重する。ジェントル!
蛭子さんといえば「マイペース」のイメージがあります。それは自己を確立するだけにとどまらず、相手の考えかたも尊重しています。蛭子さんのような人こそ「自立した大人」です。

 

 

夫の母親がイヤなやつで困っている

【相談者】43歳女性・主婦
同居している夫の母と、うまくいかない。夫に相談しても、うやむやにされる。もう耐えられない。どうすれば?

 

嫁姑問題の悩みごとに対する、蛭子さんの回答は──


どうせ先に死ぬんだからと諦める。そして心の中で優位に立っていればいいんですよ。
小言を言われても「あーすみませんね、お義母さん……もうすぐ死んじゃうけど」と適当に流せるんじゃないですか。

(『蛭子能収のゆるゆる人生相談』から引用)

 

もうすぐ死んじゃうけど! 消極的な呪い!
蛭子さんは、熱湯風呂に突き落とされたり、ドッキリを仕掛けられたり、クズ呼ばわりされたり、バラエティ番組でさんざん笑いものにされて、あらゆる恥辱を受け流して生きてきました。その結果、いまでは1億円の邸宅(4LDK)に住んでいます。年収が数千万円というウワサも。蛭子さんのアドバイス=成功者の金言です。

 

本書『蛭子能収のゆるゆる人生相談』は、人生の辛酸をなめてきた苦労人だからこそのアドバイスが収録されています。でも、やはり蛭子さんの回答だけあって、やたらと「競艇」のたとえ話になります。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON