本・書籍
料理
2021/12/16 11:15

なんだかんだでシンプルが一番おいしい! 寒い時期にぴったりな『体にいい煮込みおかず』

日に日に寒さが増してきて、あったか〜い食べ物や飲み物にひかれる今日このごろ。大きなお鍋でコトコト煮込むシチューや煮物なんて最高ですよね〜。けれど、煮込み料理は何かとワンパターンになりがち。あたたかいおかずは欲しいけれど、「先週もおでんだったなぁ〜」「またシチューか……」と飽きてしまっては残念です。

 

そこで、今回は『体にいい煮込みおかず』(齋藤菜々子・著/ワン・パブリッシング・刊)をご紹介! ささっとできるものから、じっくり煮込むものまで、60以上のレシピが掲載されています。

 

「煮込み」のメリットとは?

『体にいい煮込みおかず』では、忙しい平日でも15分以内で仕上げられる「平日ささっと煮込み」のレシピと、時間をかけてゆっくりと煮込む「休日のことこと煮込み」のレシピの2つに分けて掲載されています。

 

全てのレシピを監修しているのは、料理レシピ本大賞で「入賞」と「プロが選んだレシピ賞」のW受賞をした料理家の齋藤菜々子さん。煮込み料理の魅力を次のように語られています。

 

煮込み料理は、日々の食事で体をいたわりたいときにおすすめの調理法です。食材を水分と一緒に煮ることで、さまざまな効能の食材をたっぷりと、また栄養を余すところなくとることができます。

(『体にいい煮込みおかず』より引用)

 

スープまで余すところなく丸っといただけるのは、煮込み料理のいいところですよね。
また、おいしく煮込み料理を仕上げるポイントも『体にいい煮込みおかず』では6つ紹介されています。

 

1.鍋のサイズに注意
2.火加減は目で見て調整
3.ふたと落としぶた
4.アク取りをしっかり
5.まずはレシピ通りに
6.水溶き片栗粉は火を止めて

(『体にいい煮込みおかず』より引用)

 

4のアク取りは、結構サボりがちだったのですが(汗)、今回レシピを作ってみる際に、こまめにアクを取り除いたら、煮汁も透き通るし、味も澄んでいて、「アク取りって重要じゃん!」と驚きました。そして、もっと美味しい煮込み料理を作りたい! とアク取り網まで買っちゃいました(笑)。

 

「手羽元と長いものサムゲタン風」がお店の味なんですけど……!

掲載されているレシピの中から、今回は「手羽元と長芋のサムゲタン風」を作ってみました。

サムゲタンは丸鶏を使って、長時間かけて煮込んだスープというイメージがありますが、トータル1時間もかからずに完了。しかも使う材料は、2〜3人前でたったこれだけ。

 

鶏手羽元……8本
長いも……200g
長ねぎ……1本
(A)にんにく…1かけ/しょうがの薄切り…5枚/米…大さじ1/塩…小さじ1/2
水……600ml
酒……100ml
塩、粗びき黒こしょう……各適宜

(『体にいい煮込みおかず』より引用)

 

味付けは塩だけとシンプルですが、とってもコク深い鶏の出汁が効いていて、お店で食べる味に。外食でしか食べられないと思っていたサムゲタンがこんなに手軽にできるとは……!ちなみに、一緒に入れている長いもには「潤い補給」「アンチエイジング」の効果が期待できるため、今の時期にもぴったり。

 

長いもってすりおろしてとろろ飯にするか、細く刻んで食べるくらいしか思いつかないかもしれませんが、大ぶりに切ってスープに入れるとほっくりとサクサクが混ざった独特な食感でおいしい〜! やさしい味わいなので、夜に作っておいて残った分を翌朝に食べても最高! また手羽元はキムチと一緒に食べれば味変にもなって最後の一滴まで味わい尽くせました。

 

他にも作ってみたい煮込み料理が満載!

『体にいい煮込みおかず』は、体の不調に合わせてレシピも提案してくれます。

 

例えば、「食欲も落ちて免疫力も低下…そんな毎日が心配なときに」と紹介されているのが“豚とかぶのポン酢煮”だったり、「慢性の便秘になやんでいるなら ほくほくのじゃがいもがおすすめ」と“タットリタン風 鶏スペアリブの煮込み”が紹介されるなど、自分のお悩みからもレシピを探すことができます。

 

手間がかかると思いがちの煮込み料理ですが、はやいものだと15分程度でできてしまうレシピも。私も実際に作ってみて、煮込み料理の手軽さに驚きました。「休日のことこと煮込み」に掲載されているものも、煮込んでいる時間がかかるだけなので、リモートワーク中にもぴったり。煮込んでいる間にメールを返したり、洗濯物を畳んだり、テレビを見たり、「ながら」できるのはうれしい発見でした。忙しい年末でも、健康に気をつけながら簡単に作れるのでおすすめですよ!

 

また、一度に2〜3人分できあがるので、翌朝にもちょっと余っているのがうれしかったです(笑)。もう一度お鍋に火を入れて、前日より味が染みたおかずがまたいいんですよね〜。 煮込み料理のレパートリーを広げたい方、冬の料理のマンネリ化に悩んでいる方、手軽に美味しい煮込み料理が食べたい方、ぜひ『体にいい煮込みおかず』を読んでみてくださいね。

 

【書籍紹介】

体にいい煮込みおかず

著者:齋藤菜々子
刊行:ワン・パブリッシング

体の芯から温まりたいとき、消化がいいものが食べたいとき、エネルギー補給がしたいとき。季節やそのときどきによって変わりゆく体調に合わせて、食材により期待できる健康効果であらゆる不調を整える料理を作ることができます。身近な食材が持つ力を知って、普段の食事作りに活かせるレシピを紹介します。

Amazonで詳しく見る
楽天koboで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

TAG
SHARE ON