本・書籍
2022/3/10 6:15

自分軸を知って、仕事も人間関係もうまくいく? 算命学のメソッドを活用した『東洋の成功法則』が面白い!

あなたは、占いを信じますか?

 

私も趣味で相手を占うこともあるのですが、タロットと算命学の2つを占術に使っています。残念ながら私にはスピリチュアル的な要素は一切なかったので(笑)、統計的に当たりやすい占いはないかな〜と模索した結果、算命学にたどり着きました。

 

そんな算命学をビジネスにも活用したのが『持って生まれた力を最大化させる 東洋の成功法則』(篠田法正・著/イースト・プレス・刊)という一冊。所詮、占いでしょ? と思っている人にこそ読んでほしい、新生活にも使える本なのです。

 

算命学は「王者の占術」

この本を一言で言うならば、「算命学に基づいて、自分軸を見つけることで、生きやすくなる!」という感じでしょうか。「〇〇座の人の2022年の運勢は〜」と解説されているような本ではありません。では、そもそも算命学とはなんなのでしょうか?

 

本書で扱う算命学は、生年月日から人の性格などを調べるという側面を持つため、一般には「占い」として知られています。しかし、単に「当たった、外れた」を楽しむだけではもったいない。本来は、「王者の占術」とも呼ばれるように、東洋の帝王が戦いに勝ち、国を治め、人材を活用するために発展してきた学問です。

(『持って生まれた力を最大化させる 東洋の成功法則』より引用)

 

王者! ものすごいものに感じてしまいますが、読み終えて、個人的に思ったのは、この本は誕生日版ストレングス・ファインダーみたいな感じ? ということ。設問に答えて自分の才能を知るのがストレングス・ファインダーですが、自分が生まれた日には、こういう意味があるんだよ、こういう性格の人が多いらしいよ、こんな宿命があるんだよ、というデータを知ることができる、誕生日ごとの取り扱い説明書のようにも感じました。

 

じゃあ同じ誕生日の人は、全部同じ運命なの?

「同じ誕生日の人は同じ運命になるの?」占いを信じない人がよく言うことです。でも、同じ両親から生まれてきた双子も、同じ日に結婚して、同じ場所に就職するなんてことはほとんどありませんよね。

 

『持って生まれた力を最大化させる 東洋の成功法則』には、運命の方程式が「宿命+環境=運命」と書かれてありました。

 

宿命は変わりませんが、環境は変わります。だから運命は変えられるということを言っているのです。

環境とは、どんな所に、どんな人と住んでいるのか、家族、学校、職場などであり、人との出会い、学び、経験なども含みます。

また、出来事に対して自分がどう捉えるかということも、広い意味での環境ということになります。

(『持って生まれた力を最大化させる 東洋の成功法則』より引用)

 

つまり、今の運命を構成している環境と、本来自分が持って生まれた宿命を知ることで、運命は変えられるぜ! ということ。

 

宿命というと、すごく大事のように感じられるかも知れませんが、自分にどんな性質があるのかを知ることで、環境の変化にも順応に対応できるようになりますよ。

 

購入者はサイトから簡単に「自分軸」を見つけられる

『持って生まれた力を最大化させる 東洋の成功法則』の中には、自分の誕生日を入力するだけで、パッと宿命がわかるサイトが掲載されています。私も実際に診断してみると、こんなチャートが出てきました。

 

全部で5つのブロックがあるのですが、中央が自分の生き方、右がビジネスや交友関係、左が家族との関係、上が過去からの思い、下が未来への思いとそれぞれのブロックに意味が込められています。

 

このブロック内に書かれている「フォーカス」や「ハーモニー」は「才能のタネ」と呼ばれていて、全部で10種類あります。

 

「才能のタネ」は、人生のさまざまな出来事を経験することで、次第に才能へと成長します。そして、どんな環境で育つかによって、「才能のタネ」の成長度合いは変わります。同じリンゴのタネを青森に植えるか、沖縄に植えるかで、育ち具合も変わってくるはずです。もっと言えば、せっかく持って生まれた「才能のタネ」を、まったく成長させていない場合もあり得るのです。

(『持って生まれた力を最大化させる 東洋の成功法則』より引用)

 

10種類の「才能のタネ」の解説は本の中で丁寧にしてくれているので、ここでは割愛しますが、個人的にはめっちゃわかる……と納得することばかりでした。占いの本ではないと書きましたが、「当たってる〜」と純粋に楽しめる部分もありますよ。

 

占いが全てではないですが、こうして自己分析するツールのひとつに算命学を使ってみるのも楽しいと感じました。これから新生活を迎えるという方、なんとなくうまくいかないことが重なっている方、ぜひ『持って生まれた力を最大化させる 東洋の成功法則』を読んで、自分の才能のタネが活かされているか、確認してみてはいかがでしょうか?

 

本の中では、自分の宿命を知るだけじゃなくどう「活かすか」までしっかりと示してくれています。じっくり自分と向き合うこともできるので、新年度から新しい環境に行く方にもおすすめですよ!

 

 

【書籍紹介】

持って生まれた力を最大化させる 東洋の成功法則

著者:篠田法正
刊行:イースト・プレス

スキルよりもノウハウよりも「宿命」を知ることが成功への近道。自分の力が伸びていく環境がわかる。「どちらに進めばいいか」に迷わなくなる。自分の「得意」や「好き」を仕事にできる。仕事に無理なく熱中できるようになる。自然と結果が出て、人やモノが集まってくる。運命を味方に付ける、「真のミッション」の見つけ方。

Amazonで詳しく見る
楽天koboで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

TAG
SHARE ON