ビジネス
エクセル時短術
2017/3/9 20:15

セル内改行も一発! エクセル“ならでは”の快速ショートカットキー6選

エクセルの作業は、マウスを持ったり、キーボードに切り替えたりと忙しく手が動きますね。よく動かすわりに作業が進まないことってあります。こんなときは、ショートカットキーが便利。数ステップの操作がワンタッチで実行できます。今回は、エクセルでよく使うショートカットキーを紹介します。

 

【F12キー】別名を付けて保存する

編集中のファイルに別名を付けて保存するときは、F12キーを押します。「名前を付けて保存」画面が表示され、素早く保存できます。新しいブックの場合も名前を付けて保存できます。

303-01
↑F12キーを押すと、「名前を付けて保存」画面が直接呼び出され、保存場所がパソコンのドキュメントに指定されるので、素早く保存できます

 

【Ctrl+1キー】「セルの書式設定」画面を表示する

「セルの書式設定」画面を表示するときは、Ctrl+1キーを押します。セルの書式をまとめて設定したり、表示形式を指定したりする場合に便利です。

303-02
↑Ctrl+1キーを押すと、「セルの書式設定」画面が開き、ただちに書式を設定できます

 

【Ctrl+;キー】今日の日付を入力する

今日の日付を入力するときは、Ctrl+;(セミコロン)キーを押します。「年/月/日」で表示されます。

303-03
↑Ctrl+;キーを押すと、今日の日付が一発で入力できます

【Ctrl+:キー】現在の時刻を入力する

現在の時刻を入力するときは、Ctrl+:(コロン)キーを押します。「時:分」で表示されます。

303-04
↑Ctrl+:キーを押すと、現在の時刻が一発で入力できます

 

【Alt+Enterキー】セル内で改行する

セル内で文字列を改行するときは、Alt+Enterキーを押します。

303-05
↑入力・編集中に、改行したい位置にカーソルを移し、Alt+Enterキーを押します

 

303-06
↑セル内で改行されます。Enterキーを押すと確定されます

 

【F2キー】セルデータを修正する

セルのデータを修正するときは、F2キーを押します。編集状態に変わります。

303-07
↑編集したいセルを選択し、F2キーを押します

 

303-08
↑編集状態に変わります。データを編集し、最後にEnterキーを押すと確定します

 

ショートカットキー、いかがでしょうか? ここで取り上げたキーのほか、コピペ(Ctrl+C/Vキー)や上書き保存(Ctrl+S)など、基本的なショートカットキーと合わせて覚えましょう。

TAG
SHARE ON