ビジネス
パワポ便利術
2017/3/29 13:00

【いまさら聞けない】パワポをタスクバーやデスクトップから起動する基本テク

プレゼンのスライドのほか、ビジネスの資料や文書、フォトムービーなど、ビジュアルなデータを作成するのに役立つパワーポイント(以下、パワポ)。起動する際、「スタート」ボタンをクリックし、スタートメニューをスクロールして「PowerPoint 2016」を選択するのがオーソドックスな手順ですが、素早く起動するなら、タスクバーにピン留めするのがオススメです。今回は、パワポの起動方法を紹介します。

 

タスクバーから起動する

タスクバーとは、画面下部の細長い場所。アプリを起動すると、ここにボタンが表示されます。ピン留めして常に表示しておけば、ワンクリックで起動できます。

006-01
↑パワポを起動し、タスクバーの「PowerPoint」ボタンを右クリックし、「タスクバーにピン留めする」を選択します

 

パワポがタスクバーにピン留めされ、ボタンが常に表示されます。

006-02
↑「パワーポイント」ボタンをクリックすると起動します

 

デスクトップから起動する

デスクトップから起動するには、パワポのショートカットをデスクトップに作成します。

006-03
↑「スタート」ボタンをクリックし、スタートメニューの「PowerPoint 2016」を右クリックして、「その他」 → 「ファイルの場所を開く」をクリックします

 

「Programs」画面が表示されます。

006-04
↑「PowerPoint 2016」を右クリックし、「送る」 → 「デスクトップ(ショートカットを作成)」を選択します

 

デスクトップにパワポのショートカットが作成されます。

006-05
↑ショートカットをダブルクリックすると起動します

 

パワポ起動時のスタート画面を飛ばす

パワポの起動時に表示されるスタート画面を飛ばしてスライド編集画面を表示するには、「PowerPointのオプション」画面で設定します。

006-06
↑「ファイル」タブ → 「オプション」をクリックして、「PowerPointのオプション」画面で「このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する」のチェックを外し、「OK」ボタンをクリックします

 

パワポを起動すると、スライド編集画面が表示されます。

 

パワポの起動方法はいかがでしょうか。一気に起動して作業に入ってみましょう。お試しください。

TAG
SHARE ON