ビジネス
パワポ
2017/4/6 16:00

作成途中のスライドを即起動! 再編集に便利なパワポファイルの敏速オープンワザ

作成したスライドを再編集する際、パワポを起動して「ファイル」タブの「開く」からファイルを選択して開くことができますが、手順が多いのが難点です。タスクバーのジャンプリストを利用すると、素早く開くことができます。また、デスクトップにショートカットを作成しておいても、簡単にオープンします。今回はパワポのファイルを素早く開く方法を紹介します。

 

タスクバーのジャンプリストからファイルを開く

タスクバーとは、デスクトップ下部に常に表示される横長い場所のこと。ジャンプリストを利用するには、まずパワポをこのタスクバーにピン留めしておきましょう。ボタンを右クリックして表示されるジャンプリストには最近開いたファイルが並ぶので、常に表示するにはピン留めします。

008-01
↑パワポを起動し、タスクバーのボタンを右クリックし、メニューから「タスクバーにピン留めする」を選択します

 

パワポがタスクバーにピン留めされ、常に表示されます。

008-02
↑パワポのボタンを右クリックしてジャンプリストを表示し、ファイルの「一覧にピン留めする」をクリックします

 

ファイルがジャンプリストにピン留めされ常に表示されます。

008-03
↑パワポのボタンを右クリックし、ファイルをクリックします

 

パワポが起動し、ファイルが開きます。

 

デスクトップからファイルを開く

デスクトップからファイルを開くには、ショートカットを作成します。

008-04
↑ファイルを右クリックし、メニューから「送る」 → 「デスクトップ(ショートカットを作成)」を選択します

 

デスクトップにファイルのショートカットが作成されます。

008-05
↑ショートカットをダブルクリックします。ファイル名に自動で追加された「- ショートカット」を削除するときは、ファイルを選択しF2キーを押して修正します

 

パワポが起動し、ファイルが開きます。

 

パワポのファイルが素早く開き、ただちにスライドの編集に着手できます。試してみましょう。