ビジネス
パワポ便利術
2017/5/17 6:00

【通勤時間でパワポをマスター】勝手に文字小さくなったときに試すべき対処法3選

このコーナーでは、パワーポイントのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。通勤時間などのスキマ時間を使って、パワポの基本をマスターしましょう!

 

入力枠(プレースホルダー)に文字を入力していて、突然サイズが小さくなったことはないでしょうか? これは、枠の大きさに合わせて文字サイズを小さくする自動調整機能が働いたためです。文字サイズを変えたくない場合は、この機能をオフにしましょう。今回は、文字サイズの自動調整機能について解説します。

012-01

012-02
↑枠(プレースホルダー)に収まらない文字を入力すると、自動で文字サイズが調整されます

 

個別の枠でサイズ自動調整をオフにする

個別の枠でサイズ自動調整をオフにするには、枠に収まらない文字を入力して表示されるメニューから解除項目を選択します。

012-03
↑「自動調整オプション」ボタン → 「このプレースホルダーの自動調整をしない」をクリックします

 

文字サイズが元に戻り、枠に収まらない文字が表示されます。

012-04
↑枠のサイズを大きくして文字が枠内に表示されるようにしましょう

 

枠すべてでサイズ自動調整をオフにする

枠すべてでサイズ自動調整をオフにするには、パワーポイントのオプションで設定します。

012-05
↑「ファイル」タブ → 「オプション」をクリックし、「PowerPointのオプション」画面で「文章校正」 → 「オートコレクトのオプション」ボタンを選択します

 

「オートコレクト」画面が表示されます。

012-06
↑「入力オートフォーマット」タブで、「テキストをタイトルのプレースホルダーに自動的に収める」と「テキストを本文のプレースホルダーに自動的に収める」のチェックを外し、「OK」ボタンをクリックします

 

以降、文字サイズは自動で変わりません。文字サイズの自動調整をオフにするワザ、いかがでしょうか。必要に応じてオフにしてみましょう。

TAG
SHARE ON