ビジネス
ワード活用術
2017/5/23 16:59

【ワード】やっぱり慣れた操作が1番! 2007以前の形式で操作する隠しワザ

ワード2016/2013/2010では、ワードアートの作成や編集がワード2007以前とは大幅に異なります。以前の方法に慣れている場合はできれば元の操作に戻したいですよね。そんなときは、「Word 97-2003文書」形式で保存すれば、互換モードで以前と同じように操作できます。新しい文書形式で以前のワードアートを作成する場合は、隠し機能を使います。

 

互換モードで以前のワードアートを作成する

互換モードにするには、「Word97-2003文書」形式で保存します。

098-01
↑新しい文書を開き、F12キーを押します。表示される「名前を付けて保存」画面で、「ファイルの種類」から「Word 97-2003文書」を選択して保存します

 

「Word 97-2003文書」形式で保存され、互換モードで表示されます。

098-02
↑「挿入」タブ → 「ワードアートの挿入」ボタンをクリックし、スタイルを選択します

 

「ワードアート テキストの編集」画面が表示されます。

098-03
↑文字を入力し、「OK」ボタンをクリックします

 

ワードアートが挿入されます。

098-04
↑ワードアートを編集するときは、「書式」タブから機能を選択します

 

新しい文書形式で以前のワードアートを作成する

新しい文書形式で以前のワードアートを作成するには、隠し機能を使います。

098-05
↑Altキー → Iキー → Pキー → Wキーを押し、「ワードアート テキストの編集」画面で文字を入力し、「OK」ボタンをクリックします

 

以前のワードアートが挿入されます。

098-06

 

ワードアートのスタイルを変更する場合は、「書式」タブから選択します。

098-07
↑「書式」タブをクリックし、「ワードアートのスタイル」からスタイルを選択します

 

ワードアートのスタイルが適用されます。

098-08

以前のワードアートに戻す方法、いかがでしたでしょうか。使い慣れている場合は、ぜひ試してみましょう。

TAG
SHARE ON