ビジネス
エクセル
2017/7/11 20:24

【エクセル】資料の第一印象は「印刷」が左右する! すぐ実践すべき印刷便利ワザ5選

エクセルで作成した帳票や文書が、思いどおりに印刷されないことってありますよね。本当はデータを途中から次ページに送りたい、複数ページにわたる際はページすべてに帳票の見出し(印刷タイトル)を印刷したい、複数シートをまとめて印刷したい、などなど……。本稿では、そんな要望を叶える実践的な印刷テクニックを紹介します。

 

印刷範囲をクリアする

データの一部が印刷されていない場合は、印刷範囲が設定されている可能性があります。印刷範囲をクリアして印刷プレビューで印刷する内容を確認しましょう。

129-01
↑「ページレイアウト」タブ → 「印刷範囲」ボタン → 「印刷範囲のクリア」をクリックします

 

印刷範囲がクリアされます。印刷プレビューを表示して印刷する内容を確認しましょう。

129-02
↑「ファイル」タブ → 「印刷」をクリックし、印刷プレビューを確認します。「次ページ」ボタンや「前ページ」ボタンで他のページもチェックしましょう

 

ページ区切りを移動する

複数ページにわたる表でデータを次ページに送って見やすくしたい場合は、改ページプレビューに切り替え、ページ区切り(青天線)を移動します。

129-03
↑「表示」タブ → 「改ページプレビュー」ボタンをクリックし、表示を改ページプレビューに変えます。ページ区切りを示す青点線をドラッグして、ページ区切りを変更します

 

印刷内容はページプレビューで確認します。改ページプレビューの表示を元に戻す場合は、「表示」タブの「標準」ボタンをクリックします。

 

改ページを挿入する

任意の部分でページを変える場合は、改ページを挿入します。

129-04
↑「表示」タブ → 「改ページプレビュー」ボタンをクリックします

 

表示が改ページプレビューに変わります。

129-05
↑改ページしたい場所の行番号や列番号をクリックして選択し、「ページレイアウト」タブ → 「改ページ」ボタン → 「改ページの挿入」をクリックします

 

青太線の改ページが表示されます。

129-06
↑青太線が改ページ位置を示します

 

挿入した改ページの設定すべてを解除する場合は、「ページレイアウト」タブ → 「改ページ」ボタン → 「すべての改ページのを解除」をクリックします。

 

表の見出しを全ページに印刷する

表の見出しを全ページに印刷する場合は、印刷タイトルを設定します。

129-07
↑「ページレイアウト」タブ → 「印刷タイトル」ボタンをクリックします

 

「ページ設定」画面が表示されます。

129-08
↑「タイトル行」の「拡大/縮小」ボタンをクリックします。表の左端列をすべてのページに印刷する場合は、「タイトル列」の「拡大/縮小」ボタンをクリックします

 

「ページ設定」画面が縮小され、シートが表示されます。

129-09
↑見出しの行番号をクリックして選択し、「拡大/縮小」ボタンをクリックします

 

「ページ設定」画面に戻り、タイトル行が指定されます。

129-10
↑指定されたタイトル行を確認し、「OK」ボタンをクリックします

 

タイトル行が設定されます。このあと印刷プレビューでタイトル行を確認し印刷しましょう。

 

複数シートをまとめて印刷する

複数シートをまとめて印刷する場合は、印刷したいシートをCtrlキー+クリックで選択します。

129-11
↑印刷したいいずれかのシートを表示してから、2つめのシートをCtrlキー+クリックで追加します。3つめ以降のシートも同じようにして選択します

 

印刷したいシートの選択が完了したら、「ファイル」タブ → 「印刷」をクリックし、通常と同じように印刷します。

 

せっかく張り切って資料を作っても印刷がイマイチではもったいないですよね。こうした印刷テクニックを駆使して資料の第一印象を良くしましょう!

TAG
SHARE ON