ビジネス
TIPS
2017/7/20 18:35

複数ファイルなら「メール添付」ではなく「Dropboxで共有」が便利! iPhoneから手軽に操作できる

このコーナーでは、普段からiPhoneを使っている中級者向けに、意外と見落としている便利テクニックをご紹介! Dropboxに保存している写真を、共有機能によってDropboxのアカウントを持っている友人や家族と気軽にやり取りすることができます。連絡先を入力するだけで共有できるので、わざわざメールに添付する必要はありません。Dropboxの共有機能を活用して、友人や家族など身近な人と気軽にファイルをやり取りしてみましょう。

 

共有したい写真を選択して、相手の連絡先を入力しよう

20170720_y-koba5 (1)
↑共有したい写真を表示したら、右上の人型アイコンをタップ

 

20170720_y-koba5 (2)
↑「共有」画面が開いたら、共有したい相手の連絡先を入力して「送信」をタップ

 

「送信」をタップしたのち、「ファイルを共有しました」と表示されたら、招待した相手と写真を共有できたことになります。

20170720_y-koba5 (3)
↑共有した相手の端末には、ファイルの閲覧に招待された旨の通知が届く。通知をタップすると、ファイルを閲覧できる

 

20170720_y-koba5 (4)
↑共有した相手が招待を受けると、「共有」画面にその人の名前が表示される

 

20170720_y-koba5 (5)
↑共有設定を解除したい場合は、「共有」画面で招待した人をタップし、次画面で「アクセス権を削除」をタップしよう

 

このように、Dropboxのアカウントを持っている者同士であれば、写真のみならずさまざまな種類のファイルをスムーズに共有することができます。もちろんデータを相手に送るだけでなく、相手からもらうことも可能です。複数のファイルをやり取りする必要があるさまざまなシーンで存分に活用してみましょう。