ビジネス
パワポ
2017/10/11 15:05

【パワポ】今日から実践可! 「グラフ」を効果的に見せるちょっとしたコツ

パワポを使ったプレゼンテーションではグラフが定番ですね。グラフはパワポで作成できますが、使い慣れたエクセルで表からグラフを作成し、それを利用した方が効率的です。利用する場合は、「貼り付け先のテーマを使用しブックを埋め込む」でコピペして、パワポで自由に装飾するのがポイント。レイアウトや色、スタイル、図形の効果などを変えて、グラフを訴求することができます。今回はグラフを効果的に見せるワザを解説します。

エクセルからグラフをコピペする

エクセルからグラフをコピペする際は、「貼り付け先のテーマを使用しブックを埋め込む」で貼り付けます。

023-01
↑エクセルでグラフを選択し、Ctrl+Cキーを押します

 

023-02
↑パワポに切り替え、コピペする位置を指定し、「ホーム」タブ → 「貼り付け▼」ボタンをクリックし、メニューから「貼り付け先のテーマを使用しブックを埋め込む」を選択します

 

グラフが貼り付けられ、パワポのテーマに合わせてスタイルが変わります。

023-03
↑スライドのテーマに従ってグラフのスタイルが変わります

 

グラフを見やすく訴求する

グラフを見やすくするには、レイアウトや色、スタイル、図形の効果などを変更します。ここでは、グラフを強調し、数値を見やすくしてみましょう。

023-04
↑グラフを選択し、「グラフツール」の「デザイン」タブ → 「クイックレイアウト」ボタンをクリックし、メニューからレイアウトタイプを選択します。シンプルなレイアウトがオススメです

 

グラフのレイアウトが変わり、グラフが強調されます。

023-05
↑棒グラフが強調されます

 

次に、グラフのスタイルを変えてみます。

023-06
↑「グラフスタイル」からスタイルを選択します。ここでは、棒グラフの幅が広く、影付きのスタイルに変えます

 

グラフのスタイルが変わり、見やすくなります。

023-07
↑グラフが見やすくなります

 

こんどは、文字サイズを拡大して見やすくします。

023-08
↑文字サイズを変える文字を選択します(ここではデータ系列)。数字1つをクリックすると、そのデータ系列がすべて選択されます

 

023-09
↑「ホーム」タブの「フォントサイズの拡大」ボタンを数回クリックします。サイズを縮小する場合は、「フォントサイズの縮小」ボタンをクリックします

 

文字サイズが拡大します。

023-10
↑文字サイズが拡大します。ほかの文字も変えてみましょう。数値1つだけを変える場合は、数値をダブルクリックして選択します

 

グラフの装飾は、いかがでしたか。シンプルで見やすいグラフが訴求度が高いです。試してみましょう。