ビジネス
TIPS
2017/10/13 18:00

【iOS 11】新機能「複数アイコンの同時移動」で失敗しないためのちょっとしたコツ

iPhoneでは、iOS 11からホーム画面のアイコンを同時に移動できるようになりました。しかし、操作がいまいち上手くいかないという人が多いようです。そこで今回は、失敗しない同時移動のコツをご紹介したいと思います。

 

複数のアイコンをまとめて移動

20171013_y-koba5 (1)
↑まず適当なアイコンをロングタッチして、アイコンがブルブル震えたのを確認します

 

20171013_y-koba5 (2)
↑移動したい1個目のアイコン(ここでは「iTunes Store」)を少しだけドラッグし、左上の「×」が消えたのを確認します。そのまま指を離さずに、2個目のアイコン(ここでは「リマインダー」)を別の指でタップします

 

20171013_y-koba5 (3)
↑このようにアイコンがひとまとめになり、その個数が表示されます。あとは、同じ要領で移動したいすべてのアイコンを別の指でタップしていきます

 

なお、アイコンをタップしてもなかなか反応しない場合は、ドラッグ中の指の位置をさらに少し移動してやると反応しやすくなることがあります。どうしてもタップで反応しない場合は、ダブルタップに切り替えると反応しやすくなることがあるので試してみましょう。ただし、ダブルタップの場合は2つアイコンが連続して反応してしまうことがあるので慎重に行いましょう。

20171013_y-koba5 (4)
↑すべてのアイコンをまとめたら、そのまま移動したい場所までドラッグします

 

20171013_y-koba5 (5)
↑移動先で指を離すとアイコンが再び分散します。必要に応じて配置順序などを整えましょう。なお、フォルダ内のアイコンをタップしてまとめた場合は、いったんフォルダ外に移動すると、操作を中止しても元のフォルダにアイコンは戻りません。取り扱いには注意してください

 

アイコンの同時移動はコツさえつかめば怖くありません。2個目以降のアイコンをタップしても反応しないときは、「ドラッグ中の指を少し移動してから再度タップする」「ダブルタップも試す」のがポイントです。いままで上手くいかずにイライラしていた人も、かなりスムーズに移動できるようになるでしょう。

TAG
SHARE ON