ビジネス
エクセル時短術
2016/6/27 16:27

【エクセル使い方講座】 絶対知っておきたいショートカットキーBEST10

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

20160627-i01

ショートカットキーとは、特定の操作を実行するキーのこと。マウスに持ち替えずに、キー操作だけで簡単に機能を実行できるので、覚えておけば効率よく作業を行うことが可能になります。エクセルには数多くのショートカットキーがありますが、覚えておきたいものは限られますので、しっかり身につけておきましょう。

 

下の図で、「+」は前のキーを押しながら後ろのキーを押すことを示します。例えば、「Ctrl + Zキー」は、Ctrlキーを押しながらZキーを押します。

 

1.操作を元に戻す

009-01
直前の操作を取り消して元に戻すときは、Ctrl + Zキーを押します。

 

2.選択したセルをコピーする

009-02
セルをコピーするときは、Ctrl + Cキーで選択したものをクリップボードに保管し、Ctrl + Vキーで貼り付けます。

 

3.クリップボードから貼り付ける

009-03
Ctrl + Cキーなどでクリップボードに保管したものをセルに貼り付けます。

 

4.表やシート全体を選択する

009-05
表全体を選択する場合は、表内のいずれかのセルを選択し、Ctrl + Aキーを押します。もう一度押すと、シート全体が選択されます。

 

5.太字を設定/解除する

009-06
選択したセル内の文字を太字に設定する場合は、Ctrl + Bキーを押します。もう一度押すと、太字を解除します。

 

6.上書き保存する

009-07
編集中のファイルを上書き保存する場合は、Ctrl + Sキーを押します。新しいファイルの場合は、「名前を付けて保存」画面で保存します。

 

7.セルの内容を修正する

009-09
セルの内容を修正する場合は、F2キーを押します。

 

ここまでは「知ってて当たり前でしょ?」という内容だと思いますが、ここからは意外に知られていないけど、使うと便利なショートカットキーを紹介。

 

8.「セルの書式設定」画面を表示する

009-04
セルの表示形式などを設定する「セルの書式設定」画面を表示するときは、Ctrl + 1キーを押します。

 

9.セルA1にアクティブセルを移動する

009-08
左上隅のセルA1にアクティブセルを移動する場合は、Ctrl + Homeキーを押します。

 

10.名前を付けて保存する

009-10
編集中のファイルを別名で保存する場合は、F12キーを押します。

 

素早く操作できるショートカットキーを使って、エクセル作業を快適に進めてみましょう。

 

関連記事
調子が悪いときは「プログラムの修復」が効果アリ!
ワンクリックで使えるエクセルの便利機能
うまく起動できないときは「セーフモード」を試してみましょう
クリックしてもファイルが開かないときの対処法
Excelファイルを一瞬で開く超速オープンワザ3選
絶対知っておくべきExcelの瞬間起動ワザ3選

TAG
SHARE ON