ビジネス
iPhoneテクニック
2016/8/5 16:00

【Windows 10 トラブルQ&A】USBデバイスの「安全な取り外し」をもっと簡単にできない?

最新OS「Windows 10」を使いこなすための便利ワザをご紹介しているこのシリーズ。今回は、よくあるトラブルに対するQ&Aとして、今回はUSBメモリなどの「安全な取り外し」をもっと簡単に行える方法をご紹介します。

 

Q.「安全な取り外し」の操作が面倒!

A.アイコンを自動表示させる

 

USBメモリなどを取り外すときは、「安全な取り外し」操作を行います。この操作を行うアイコンは通常はタスクバーに表示されないので、機器を取り外すたびにアイコンを呼び出さなければなりません。アイコンを自動表示する設定にすれば、この面倒な操作を省くことができます。

 

「安全な取り外し」を自動表示する

「安全な取り外し」アイコンは、デスクトップ右下の「^」アイコンをクリックすると表示できます。自動表示するには、「設定」の「通知と操作」で設定します。

↑スタートメニューの「設定」をクリックして、「設定」画面で「システム」をクリックします
↑スタートメニューの「設定」をクリックして、「設定」画面で「システム」をクリックします

 

 

↑「通知とアクション」をクリックし、「タスクバーに表示するアイコンを選択してください」をクリックします
↑「通知とアクション」をクリックし、「タスクバーに表示するアイコンを選択してください」をクリックします

 

↑表示するアイコンを選ぶ画面が表示されます。「エクスプローラー」の「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリックして「オン」にしましょう
↑表示するアイコンを選ぶ画面が表示されます。「エクスプローラー」の「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」をクリックして「オン」にしましょう

 

↑以降はUSBメモリを接続すると、タスクバーにアイコンが自動で表示されるようになります
↑以降はUSBメモリを接続すると、タスクバーにアイコンが自動で表示されるようになります

 

接続した機器を取り外すときは、アイコンをクリックして「(USBメモリ名)の取り出し」をクリックするだけでOK。

 

USBメモリなどのメディアを取り外すための操作は、急いでいるときなどは特にもどかしく感じられますよね。このタスクバーにアイコンを置いておけば、一気にストレスが軽減されますよ。

 

このほか、意外と知らないWindows 10の便利ワザや、使える無料アプリなどはこちらで詳しく紹介しています。

関連記事はコチラ

 

 

TAG
SHARE ON