ビジネス
エクセル
2016/7/25 20:00

【エクセル使い方講座】入力したメールアドレスに自動リンクをさせない設定方法

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

 

エクセルでメールアドレスを入力すると、自動でハイパーリンクが設定されます。このハイパーリンクをうっかりクリックしてしまうと、自動でメールソフトが起動してしまい邪魔に感じてしまうことも。ハイパーリンクを設定したくない場合は、オートコレクトの入力オートフォーマットで設定を解除しましょう。設定されたハイパーリンクを解除するには、「ハイパーリンクの削除」を使います。

023-01
↑ ハイパーリンクが設定されたメールアドレス。ハイパーリンクを起動させずにセルを選択する場合は、マウスの左ボタンを長押しします

 

ハイパーリンクを設定させない

ハイパーリンクの自動設定を解除するには、「Excelのオプション」画面から「オートコレクト」画面を開き、「入力オートフォーマット」タブで行います。

023-02
↑ 「ファイル」タブ → 「オプション」をクリックします

 

「Excelのオプション」画面が表示されます。

023-03
↑ 「文章校正」 → 「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックします

 

「オートコレクト」画面が表示されます。

023-04
↑ 「入力オートフォーマット」タブをクリック。「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックを外し、「OK」ボタンをクリックします

 

これでメールアドレスやURLを入力してもハイパーリンクは設定されなくなります。

 

ハイパーリンクを解除する

すでにリンクされているメールアドレスを解除するには、「ハイパーリンクの削除」を選択します。

023-05
↑ ハイパーリンクが設定されているセルを、マウスの左ボタンを長押しして選択。「ホーム」タブ → 「クリア」ボタン → 「ハイパーリンクの削除」をクリックします

 

このように、エクセルには便利な反面、ときにはわずらわしく感じてしまう機能がありますので、使わない機能は設定で解除しておきましょう。

 

関連記事
入力間違いをアッという間に修正できる小技
絶対覚えておきたい“書式なしコピペ”のテクニック
ベテランは使わない!? 自動変換機能をオフにしてみましょう
入力規則を設定すれば入力ミスがグンと減る
セルをロックして誤入力を防ぎましょう
誰でも間違えずに入力できる親切なシートを作る方法
入力した数字を勝手に変換させない方法
データ入力漏れを簡単にチェックできる便利ワザ
表示形式で100を「100円」と表示する
日付や時刻の入力が簡単にできる小技
大量データ入力時に役立つセル移動テクニック
入力速度がグンとアップする便利な小技4選
大きな表でもサクサク作業できる便利ワザ3選
必見! 作業時間を短縮できるキーマクロの使い方

TAG
SHARE ON