ビジネス
エクセル時短術
2016/7/26 20:00

【エクセル使い方講座】入力内容を結合させる「&」活用法

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

 

別々のセルに入力されている文字列を結合したい場合は、「&」を使います。名簿で「姓」と「名」を結合して一つのセルに姓名をまとめる場合などに便利です。エクセル2013以降ではフラッシュフィルを使えば、文字列を結合することも可能です。

 

「&」で文字列を結合する

「&」で文字列を結合する場合は、先頭に「=」を付け、数式で入力します。半角スペースなどを挿入する場合は、「”」で囲みます。

025-01
↑ 先頭に「=」を入力 → セルを「&」でつなぎます。「” “」は半角スペースのこと

 

025-02

文字列を結合したセルをコピーすると、ほかのセルも同様に結合されます。

 

フラッシュフィルで文字列を結合する

フラッシュフィルを使う場合は、先頭セルに結合したい文字列を入力します。フラッシュフィルを実行すると、そのルールに従ってほかのセルも結合されます。結合結果は文字列なので、データを書き出して別のアプリで利用しやすくなります。

025-03
↑ 先頭のセルに結合したい文字列を入力し、先頭のセルを含むセル範囲を選択 → 「ホーム」タブ → 「フィル」ボタン → 「フラッシュフィル」をクリックします

 

025-04
↑ ルールに従って、ほかのセルで文字列が結合されます

 

いかがでしょうか。文字列が結合できると、文章をつなぐなどさまざまに応用できます。ぜひ試してみましょう。

 

関連記事
入力したメールアドレスに自動リンクをさせない設定方法
入力間違いをアッという間に修正できる小技
絶対覚えておきたい“書式なしコピペ”のテクニック
ベテランは使わない!? 自動変換機能をオフにしてみましょう
入力規則を設定すれば入力ミスがグンと減る
セルをロックして誤入力を防ぎましょう
誰でも間違えずに入力できる親切なシートを作る方法
入力した数字を勝手に変換させない方法
データ入力漏れを簡単にチェックできる便利ワザ
表示形式で100を「100円」と表示する
日付や時刻の入力が簡単にできる小技

TAG
SHARE ON