ビジネス
クレカ
2020/12/2 17:00

日本初のクレカ「ダイナースクラブカード」、60年目の大進化! 単なる優待だけではない3つの要点

日本でクレジットカードが誕生したのは1960年。その歴史の始まりとなるのが「ダイナースクラブカード」であることをご存じでしょうか? そんな“日本初のクレカ”が、60周年を迎える2020年12月に大幅リニューアルを実施! 今回は、新・ダイナースクラブカードの魅力をご紹介します。

 

【ダイナースクラブカードの詳細はコチラ

 

ダイナースクラブカード

発行元 三井住友トラストクラブ

国際ブランド ダイナースクラブ

年会費 2万4200円(税込)

 

【その1】おもて面には何の情報もない!?

従来おもて面にあったカード番号や名前などの情報を裏面に集約し、エンボス(凹凸のある印字)も廃止。店頭で利用する際、第三者に個人情報を盗み見られるリスクを最小限に抑えられる仕様になりました。人気のグローブ(地球儀)をモチーフにしたデザインはそのままに、より上質で光沢のあるカードになったことでステイタス性も向上しています。

↑安全性の向上に加え、シンプル&フラットな券面によって洗練された印象に

 

↑招待制の「ダイナースクラブ プレミアムカード」(年会費14万3000円)も同様に刷新されている

 

【ダイナースクラブカードの詳細はコチラ

 

【その2】キャッシュレス&非接触時代の新しい支払いスタイル

サインや暗証番号の入力が不要なタッチ決済「ダイナースクラブ コンタクトレス」を搭載。事前チャージやアプリの立ち上げといった手間もなく、店舗の読み取り機にタッチするだけで決済が完了します。コロナ禍においてはカードの受け渡しによる感染リスクを防止できるので、衛生面にも配慮した支払いスタイルです。

 

↑タッチ決済のマークが付いた読み取り機にかざすだけでスピーディに決済ができる

 

【その3】優待サービスは太っ腹度が大幅アップ

ダイナースクラブカードの特徴といえば、なんといっても充実した優待サービス! なかでもグルメサービスは幅広く、「エグゼクティブ ダイニング(※1)」や「Wishダイニング(※2)」といったダイナースクラブならではの優待を提供してきました。今回は「ここでしか、⾒つけられないものがある。」という新たなブランドメッセージのもと、さらにサービスを拡充。国内宿泊優待や限定ツアーなどニューノーマル時代にふさわしい体験もスタートしました。

※1:300店舗以上の日本全国のレストラン(プレミアムカード会員限定店含む)で所定のコースを2名以上で利用すると料金の1名分が無料になるサービス

※2:予約困難な店の席をダイナースクラブがあらかじめ確保し、先着で予約できるサービス

 

【優待サービスの例】

国内クラブホテルズ・旅の宿

ダイナースクラブが厳選した国内のホテル・旅館において、会員から特に要望の高い宿泊優待や特典(部屋のアップグレードなど)を用意。従来よりも参加施設が大幅に増え、よりニーズに添った宿泊が叶うように。

 

会員限定特別ツアー

会員限定の最上級ツアーを年3~4回提供。初回はダイナースクラブ貸し切りのJR東日本のクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」が予定されています。ほかでは体験できない特別な旅行になること間違いなし!

↑TRAIN SUITE 四季島

 

ゴルフ

プリンスホテルズ&リゾーツが提供するゴルフ場のうち、対象となる7つのゴルフ場を各ゴルフ場特別価格で利用できます。予約受付開始は2021年2月です。

↑写真は川奈ホテルゴルフコース(静岡県)。このほか、北海道カントリークラブ(北海道)、岩手沼宮内カントリークラブ(岩手県)、軽井沢72ゴルフ(長野県)、武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)、大箱根カントリークラブ(神奈川県)、瀬田ゴルフコース(滋賀県)が対象となる

 

日常使いでの利便性と非日常を体験できる優待サービスを備え、いまどきのライフスタイルに寄り添うダイナースクラブカード。初年度年会費が無料になる新規入会キャンペーン(※)も実施中なので、ぜひこの機会にその魅力を体感してください!

※:キャンペーン期間は2021年3月31日まで

 

【ダイナースクラブカードの詳細はコチラ

TAG
SHARE ON