ビジネス
エクセル
2016/9/15 20:00

【エクセル使い方講座】複数セルを一括処理する達人ワザ3選

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

 

未入力の空白セルが多数あるばあい場合、セルの選択はどうしますか。Ctrlキー+クリックでひとつずつ選択することもできますが、選択オプションを使えば一発で選択可能です。空白セルすべてに「データなし」と入力することも簡単で、数式を除く数値すべてを選択して削除することもできます。

 

1. 空白セルすべてに「データなし」と入力する

空白セルすべてを選択するには、選択オプションで「空白セル」を指定します。このあと、文字を入力してCtrl+Enterキーを押すと、選択したセルすべてに入力されます。

060-01
↑ 調べたいセル範囲を選択し、「ホーム」タブ → 「検索と選択」ボタン → 「条件を選択してジャンプ」をクリックします

 

「選択オプション」画面が表示されます。

060-02
↑ 「空白セル」を選択し、「OK」ボタンをクリックします

 

空白セルすべてが選択されます。「データなし」と入力し、Ctrl+Enterキーを押すと、すべてに入力されます。

060-03
↑ 「データ入力なし」と入力してCtrl+Enterキーを押すと、選択セルすべてに入力されます

 

2. 数式を除く数値すべてをいっきに削除する

数式を除く数値すべてを選択するには、選択オプションで「定数」を指定します。このあとDeleteキーを押すと、数値すべてが削除されます。数式が削除されないので、数式を入力し直さないで済みます。

060-04
↑ セル範囲を選択し、「ホーム」タブ → 「検索と選択」ボタン → 「条件を選択してジャンプ」をクリックします

 

「選択オプション」画面が表示されます。

060-05
↑ 「定数」を選択して、「数値」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします

 

数値セルがすべて選択されます。

060-06
↑ Deleteキーを押すと、数値セルの数値がすべて削除されます

 

060-07

 

3. アクティブセルと異なるセルすべてに色を付ける

アクティブセルと異なるセルすべてを縦方向に選択するには、選択オプションで「アクティブ列との相違」を指定します。横方向に選択する場合は、「アクティブ行との相違」を指定します。このあと、色を指定すると、選択されたセルすべてに色が付きます。

060-08
↑ セル範囲を選択し(ここでは縦方向)、「ホーム」タブ → 「検索と選択」ボタン → 「条件を選択してジャンプ」をクリックします。アクティブセルを変更する場合は、範囲を選択したあと、Ctrlキー+クリックします

 

「選択オプション」画面が表示されます。

060-09
↑ 「アクティブ列との相違」を選択し、「OK」ボタンをクリックします

 

アクティブセルと異なるセルがすべて選択されます。「塗りつぶしの色」ボタンで色を選択すると、選択したセルすべてに色が付きます。

060-10
↑ 選択されたセルを確認し、[塗りつぶしの色]ボタンから色を選択すると、セルすべてに色が付きます

 

選択オプションを使うと、セルの属性を指定して選択できます。ひとつずつ処理するよりも手早く入力できますので、ぜひ試してみて下さい。

 

TAG
SHARE ON