ビジネス
エクセル時短術
2016/9/16 20:00

【エクセル使い方講座】どんどんコピペできちゃう便利テクニック5選

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

 

エクセルでは、コピー&ペーストを多用します。Ctrl+Cキー → Ctrl+Vキーでコピペすることも可能ですが、Ctrlキー+ドラッグなどエクセルならではの早ワザも利用できます。コピーするシーンに合わせて使ってみましょう。

 

1. Ctrlキー+ドラッグでコピーする

アクティブセルの枠線を、Ctrlキーを押しながらドラッグしてセルをコピーできます。

061-01
↑ コピー元のセルを選択し、枠線にポインターを合わせ、Ctrlキーを押しながら、コピー先までのドラッグします

 

2. 上のセルをコピーする

上のセルをコピーするには、Ctrl+D(Down)キーを押します。

061-02
↑ 上のセルと同じ内容を入力する場合は、Ctrl+Dキーを押します

 

3. 左のセルをコピーする

左のセルをコピーするには、Ctrl+R(Right)キーを押します。

061-03
↑ 左のセルと同じ内容を入力する場合は、Ctrl+Rキーを押します

 

4. 数式セルを一発でコピーする

数式が入力されているセルは、アクティブセル右下の■(フィルハンドル)をダブルクリックすると、同じような数式を入力できます。

061-04
↑ コピー元のセルを選択し、セル右下の■をダブルクリックします

 

061-05
↑ 同じように計算するセルに数式がコピーされます

 

5. 計算結果の数値だけをコピーする

数式セルの計算結果だけをコピーするには、アクティブセルの枠線にポインターを合わせ、右ボタンを押しながらドラッグして、メニューから「ここに値のみをコピー」を選択します。

061-06
↑ 数式セルを選択し、枠線にポインターを合わせ、右ボタンを押しながらコピー先までドラッグし、「ここに値のみをコピー」を選択します

 

061-07

 

すばやくコピー&ペーストができれば、表を作る速度も上がります。日常的にエクセルを使う方は、ぜひマスターして下さい。

 

TAG
SHARE ON