ビジネス
エクセル時短術
2016/9/23 18:00

【エクセル使い方講座】表から目当てのデータを簡単に抽出できるテクニック

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

 

検索機能を使えば、任意の語句を検索できますが、複数の条件を指定することはできません。条件付き書式を使うと、それぞれの条件に合うセルに色を付けて表示することができます。フィルターなら、条件に合うデータを抽出することも可能です。調べたいデータを、全データを表示したままチェックする場合は条件付き書式を、抽出したい場合はフィルターと使い分けてみましょう。

 

複数の条件に合うデータを表示する

複数の条件に合うデータを表示するには、条件付き書式のルールを複数作成します。

064-01
↑ 検索するセルを選択し、「ホーム」タブ → 「条件付き書式」 → 「セルの強調表示ルール」 → 「文字列」をクリックします

 

「文字列」画面が表示されます。

064-02
↑ 検索する語句を入力し、「OK」ボタンをクリックします

 

指定した語句が含まれるセルに色が付きます。同様に操作して、ほかの語句を含むセルを表示します。

064-03
↑ 2つの条件に合うセルに色が付いて表示されます

 

複数の条件に合うデータを抽出する

複数の条件に合うデータを抽出するには、フィルターを使います。ユーザー設定フィルターで2つの条件を指定します。

064-04
↑ 「データ」タブ → 「フィルター」ボタンをクリック。項目のフィルターボタンをクリックし、メニューから「テキストフィルター」 → 「ユーザー設定フィルター」をクリックします

 

「オートフィルターオプション」画面が表示されます。

064-05
↑ 一つ目の語句を入力し、「を含む」を選択します。「OR」を選択し、二つ目の語句を入力し、「を含む」を選択し、「OK」ボタンをクリックします

 

指定した条件のデータが抽出されます。

064-06

 

条件付き書式とフィルターを使い分ければ、より簡単にデータを検索することができます。ぜひ覚えて使ってみて下さい。

 

TAG
SHARE ON