ビジネス
TIPS
2016/9/26 13:00

【インスタグラム使い方講座】プライベートを守るには? 位置情報をこまめに削除する方法

いまや世界で5億人以上のユーザーがいる「Instagram(インスタグラム)」。最近は、日本でも幅広いユーザーが使い始めている写真投稿SNSです。このコーナーでは基本的な使い方や、一歩進んだ活用テクニックを紹介します。

 

インスタグラムには、写真に紐付けられた撮影場所の記録を利用して、地図上に写真を表示する機能があります。これは、旅の思い出などを振り返るのに役立つ機能ですが、日常生活の写真をアップしていると自分の生活が特定されてしまう可能性も。とくに、自宅や職場で撮影した写真の投稿には注意が必要です。

 

■写真の位置情報を削除する

位置情報を削除するには、自分のプロフィール画面から地図を表示します。地図上に表示された写真は、その場所で取られたことを表しており、公開アカウントの場合は他の人もこの地図を見ることが可能です。なお、気になる位置情報を削除しても、写真は消えないのでご安心ください。

 

↑プロフィール画面を開き、「スポット」アイコンをタップ
↑プロフィール画面を開き、「スポット」アイコンをタップ

 

↑地図が表示される。位置情報を削除したい写真のあるエリアを選択し、画面右上の「編集」をタップ
↑地図が表示される。位置情報を削除したい写真のあるエリアを選択し、画面右上の「編集」をタップ

 

↑サムネイルをタップし、続いて「編集」をタップ
↑サムネイルをタップし、続いて「編集」をタップ

 

↑位置情報を削除したい写真を選択解除し、「完了」をタップ
↑位置情報を削除したい写真を選択解除し、「完了」をタップ

 

↑確認画面が表示されたら、「承認」をタップ。これで写真の位置情報が削除された
↑確認画面が表示されたら、「承認」をタップ。これで写真の位置情報が削除された

 

自宅や職場はもちろん、友人の家なども注意したいポイントです。まずは地図を確認してみて、必要に応じて位置情報を削除しておきましょう。