ビジネス
ワード活用術
2016/10/4 16:00

ワード文書にもっとぎっしり入力したい! そんなときは余白を狭くしてみよう

ワードの標準余白が広すぎると感じたことはないでしょうか。通常は、上35mm、下30mm、左右30mmに設定されています。狭くする場合は、「狭い」「やや狭い」などに変更してみましょう。上下左右の余白を指定することも可能。ページ罫線を引けば、余白が広く感じないようになります。毎回余白を変えるのが手間なら、よく使う余白を既定値に設定してみましょう。

 

1. 余白を「狭い」に設定する

余白を「狭い」や「やや狭い」に設定するには、余白のメニューから選択します。

040-01
↑ 「レイアウト」タブ → 「余白」ボタン → 「狭い」をクリックします。ワード 2013/2010では、「ページレイアウト」タブから操作します

 

2. オリジナルの余白に設定する

上下左右の余白を設定するには、「ページ設定」画面の「余白」タブを開きます。プリンターには印刷不可領域があり、上下左右の端から5mmほどが印刷できません。余白は5mm以上を設定しましょう。

040-02
↑ 「レイアウト」タブ → 「余白」ボタン → 「ユーザー設定の余白」をクリックします

 

「ページ設定」画面の「余白」タブが表示されます。

040-03
↑ 「上」「下」「左」「右」の欄で余白を入力し、「OK」ボタンをクリックします

 

 

3. ページ罫線を引く

ページ罫線を引くには、「線種とページ罫線と網かけの設定」画面を開きます。

040-04
↑ 「デザイン」タブ → 「ページ罫線」ボタンをクリックします。ワード 2013/2010では、「ページレイアウト」タブから操作します

 

「線種とページ罫線と網かけの設定」画面の「ページ罫線」タブが表示されます。

040-05
↑ 「囲む」 → 「OK」ボタンをクリック。線の種類や色、太さ、絵柄を指定することができます

 

ページ罫線が引かれます。

040-06

 

4. オリジナルの余白を既定値に設定する

よく使う余白を既定値に設定するには、「ページ設定」画面を開きます。

040-07
↑ 「レイアウト」タブ → 「余白」ボタン → 「ユーザー設定の余白」をクリック。上下左右の余白を入力し、「既定に設定」ボタンをクリックします。ワード 2013/2010では、「ページレイアウト」タブから操作します

 

確認の画面が表示されたら、「はい」ボタンをクリックします。次回から作成する新しい文書は、指定した余白の広さになっています。

TAG
SHARE ON