ビジネス
2016/11/4 6:00

【Word】“今日”の日付を簡単入力&自動更新! 日付入力にまつわる便利ワザ

このコーナーでは、ワードのいまさら聞けない基本機能や、仕事がはかどる達人ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

 

文書内に今日の日付を入力する際、すべて手打ちで入力する必要がない、ということをご存知でしょうか。方法はいたってシンプルで、「2016年」や「平成28年」と入力しEnterキーを押すだけです。今回は、日付入力に関するテクニックを紹介します。

 

1. 今日の日付を入力する

今日の日付は、「2016年」や「平成28年」と入力し、Enterキーを押して入力します。

055-01
↑ 「2016年」と入力し、ポップアップが表示されたらEnterキーを押します

 

今日の日付が表示されます。

055-02

和暦で入力する場合は、「平成28年」とします。ポップアップが表示されるのに入力されない場合は、文書が損傷している可能性が考えられます。

 

2. 日付を作業日に自動更新する

作業するたびに、その日に自動更新される日付の入力も可能です。そのためには「日付と時刻」画面で「自動的に更新する」を指定します。

055-03
↑ 入力する位置にカーソルを置き、「挿入」タブ → 「日付と時刻」ボタンをクリックします

 

「日付と時刻」画面が表示されます。

055-04
↑ 「カレンダーの種類」欄で「和暦」または「グレゴリオ暦」を選択。「表示形式」欄で日付の表示形式を選び、「自動的に更新する」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします

 

今日の日付が入力されます。翌日以降になると、作業日に自動的に更新されます。

 

今日の日付の入力テクニック、いかがですか。ちょっとしたことですが、これで日々の作業が少しだけスムーズになるでしょう。

TAG
SHARE ON