ビジネス
エクセル時短術
2016/11/10 20:27

【Excel】似た複数の表を瞬時にまとめる「統合」ワザ――集計やスッキリさせたいときに超便利

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

 

レイアウトやセルの位置が異なる複数の表を、一つにまとめたいと思ったことはないですか。集計する際に表がばらばらの場合、表をコピーしたり、シートを切り替えたりと、いろいろ手間がかかります。そんなときは「統合」機能を使ってみましょう。各表の上端行と左端列の構成を同じにすれば、項目が異なっても一つの表にまとまります。

085-01
↑ レイアウトが異なる表を統合するには、表の横に支店名、縦に商品名というように上端行と左端列の構成を整えます

 

複数の表を一つに統合する

では、別々のシートに作成された各支店の予約件数の表を一つの表にまとめる、という作業を例に説明していきましょう。

 

統合する表は、上端行と左端列の構成を同じにします。項目は異なってもかまいません。

085-02
↑ 統合用シートを作成し、統合する表を入れたいセルを選択。「データ」タブ → 「統合」ボタンをクリックします

 

「統合の設定」画面が表示されます。

085-03
↑ 「統合元範囲」をクリックし、統合するシートとセル範囲を選択。「上端行」「左端列」「統合元データとリンクする」にチェックを入れ、「追加」ボタンをクリックします

 

統合するほかの表も同じ手順で追加し、「OK」ボタンをクリックします。

085-04
↑ 統合した表が作成されます。表の横にある「+」ボタンをクリックすると、詳細が表示されます

 

いかがでしょうか。バラバラな表をまとめるといろいろなシートをいちいち開かずにすみます。表の統合は意外と簡単にできますので、ぜひお試しください。

TAG
SHARE ON