ビジネス
iPhoneテクニック
2016/10/31 14:00

【LINE】保存版! 機種変更時にトーク履歴を引き継ぐ必須テク――iPhone編

このコーナーでは、意外と知られていないLINEの活用方法を紹介します。LINEに標準搭載されている機能を使うことで、「友だち」同士の情報共有を簡単に行えたり、逆に無駄な機能をすっきり統一できたりします。LINEをいままで以上に便利に使う方法を学びましょう。

 

機種変更などでLINEのアカウントを引き継ぐ場合、「友だち」のリストや「アルバム」「ノート」に保存した情報はそのまま維持できますが、「トーク」の履歴は消えてしまいます。「トーク」の履歴も引き継ぐためには、iPhoneではiCloudを利用したバックアップ機能を活用しましょう。

 

なお、iCloudに保存したトーク履歴を復元するには、あらかじめメールアドレスをLINEに登録しておく必要があります。また下記手順を行う前にiPhoneの設定から「iCloud Drive」でLINEのスイッチをオンにしておきましょう。

 

トーク履歴をiCloudに保存する

トーク履歴をiCloudに保存するためには、「トーク・通話」画面で手続きを行う必要があります。

20161031_y-koba_LINE (1)_R
↑LINEを起動し、「…」アイコン→歯車のアイコンの順にタップします

 

20161031_y-koba_LINE (2)_R
↑続いて「トーク・通話」をタップ

 

20161031_y-koba_LINE (3)_R
↑「トークのバックアップ」をタップします

 

20161031_y-koba_LINE (4)_R
↑切り替わった画面で「今すぐバックアップ」をタップしましょう

 

これで、トーク履歴をiCloudに保存できました。

 

トーク履歴を復元する

iCloudに保存したトーク履歴を復元してみましょう。ここでは、初期化したLINEアプリにログインしながら手順を説明していきます。なお、下記手順に入る前にiCloud DriveのLINEをオンにすることを忘れないようにしましょう。

20161031_y-koba_LINE (5)_R
↑初期化されたLINEを起動し、「ログイン」をタップ

 

20161031_y-koba_LINE (6)_R
↑あらかじめ登録していたメールアドレスとパスワードを入力し、「OK」をタップ

 

「以前に使用していた端末ではLINEを利用できなくなります」という画面が表示されるので、「OK」をタップしましょう

20161031_y-koba_LINE (7)_R
↑iPhoneの電話番号を入力し、「番号認証」をタップ

 

入力した番号宛てに、認証番号が記載されたSMSを送ってよいか尋ねられるので「OK」をタップ。

20161031_y-koba_LINE (8)_R
↑SMSに記載された4桁の電話番号を入力し、「次へ」をタップします

 

20161031_y-koba_LINE (9)_R
↑切り替わった画面で、「トーク履歴をバックアップから復元」をタップしましょう

 

続いて年齢認証の場面に進みます。ここでは「年齢確認をしない」をタップしましょう。

 

これでトーク履歴を復元できます。

 

いかがでしたでしょうか。大切なやりとりが失われてしまわないように、機種変更の前にしっかりと上記作業を行いましょう。

TAG
SHARE ON