ビジネス
iPhoneテクニック
2016/12/12 14:00

LINEで「既読」をつけずにこっそりメッセージを確認する裏ワザ

LINE」のトーク画面では、メッセージ横に表示される「既読」表示を見ることで、相手がメッセージを読んだかどうかを確認できます。しかし、既読がついたメッセージに返事をしていないと、「ひょっとして無視されているかも?」と相手に思われてしまうことも。しかし、メッセージは確認したいがすぐには返事ができない状況、ということもあるでしょう。そんなときは、あらぬ疑いを避けるため「機内モード」を利用して既読をつけずにメッセージを読む方法を覚えましょう。

 

機内モードを起動する

機内モードは、飛行機や病院内などでスマホの電波送信を制限する機能です。この機能を上手に使い、「既読」をつけずにメッセージを確認していきましょう。

 

1のポイントは、新着メッセージの通知が表示されてもLINEを起動しないことです。

20161212_y-koba_LINE (1)_R3
↑新着メッセージの通知が表示されたら、LINEを起動せずに画面を下から上になぞり(Androidスマホの場合、上から下になぞります)、コントロールセンターを表示します

 

20161212_y-koba_LINE (2)_R3
↑コントロールセンターで、飛行機のアイコンをタップします。このとき、Wi-Fiのアイコンもタップしてしまうと、メッセージに既読がついてしまう可能性があるので注意しましょう

 

画面左上の飛行機のマークを見て、機内モードがオンになったことを確認したらLINEを起動します。

20161212_y-koba_LINE (3)_R3
↑ネットワークに接続していない状態で、トーク画面のメッセージを確認します

 

20161212_y-koba_LINE (4)_R3
↑メッセージを読み終わったら、スマホのホームボタンを2度押しし、現在起動しているアプリの一覧を表示。LINEのアプリを下から上にスライドし、完全終了します

 

Androidスマホでは、画面右下のアイコンなどからマルチタスク画面を起動し、LINEを終了させましょう。

20161212_y-koba_LINE (5)_R3
↑機内モードを解除するのは、LINEを終了してから。再びコントロールセンターを起動し、飛行機のアイコンをタップ

 

機内モード中に読んだメッセージは、下の画像のように相手に表示されます。

20161212_y-koba_LINE (6)_R3
↑既読がついていないことがわかります

  

iPhoneAndroidスマホも、機内モードに設定することで既読をつけずメッセージを確認できます。ただし、機内モードを解除したあとLINEアプリを立ち上げると、トーク画面を押していなくても既読になってしまう点には注意が必要です。

 

 

 

TAG
SHARE ON