ビジネス
ワード
2016/12/21 14:00

Wordに立体感を与えると資料が劇的に見やすい! ワード資料で注意を引かせる装飾テクニック

文書の見出しは、装飾して目につきやすくするのがポイントです。例えば、文字に影を付けて立体的に見せれば、目を引くことができるでしょう。ワードには、文字を立体的に見せる装飾機能が豊富にあり、簡単に設定することができます。

 

文字を立体的に装飾する

文字を立体的に装飾するには、「文字の効果と体裁」ボタンを使います。文字の輪郭の色は「文字の効果と体裁」ボタンから選択しますが、文字の色は「フォントの色」ボタンで設定します。

074-01
↑立体的にしたい文字を選択します

 

074-02
↑「ホーム」タブ → 「文字の効果と体裁」ボタンをクリックし、スタイルを選択します

 

074-03
↑スタイルを選択しただけで立体的に装飾できます

 

 

074-04
↑ 「文字の効果と体裁」ボタン → 「文字の輪郭」をクリックし、輪郭の色を選択します。文字の色と同系で薄めの色を使ってみます

 

074-05

文字の輪郭の色は、同系で薄めの色を使うのがポイントです。違和感のない、なじんだ感じに仕上がります。まずスタイルを選択し、それを見てからて詳細に変えてみましょう。スッキリした装飾が美しく目を引きます。

 

また、文字の輪郭色のほか、影や反射、光彩を指定して装飾することもできます。いろいろと試してみましょう。

TAG
SHARE ON