マンガ
2016/6/15 20:35

【カリカチュア世界一】渡辺孝行の「世界を“カリ”取る」一人目「ジョニー・デップ」

いま話題になっている海外の著名人にスポットを当て、象徴的な似顔絵で紹介するイラストコラム。「カリカチュア」(似顔絵)世界一の渡辺孝行が、芸能人やアスリートなどを中心に、世界からネタを“刈り”取ります。7万人以上の人物を描いた経験による独自の顔相診断「顔パーツ占い」も必見!

 

20160614-mn01

現在、妻で女優のアンバー・ハードさんと離婚騒動中の世界的俳優、ジョニー・デップさんをコミックタッチで描いてみました。アンバーさんの隣にいるのは、彼女とかつて同性愛関係にあったといわれるターシャ・バン・リーさんです。飛び交っている様々な情報や憶測を、私なりにまとめて描いてみた結果、こんな感じの仕上がりになりました。

 

「顔パーツ占い」で診断すると、この夫婦の根本的な相性は良くも悪くもありませんが、ふたりとも目に「野心家でハングリー」な相が出ています。常に自らの欲を満たすために行動するため、浮気の心配はお互いに持っているでしょう。これだけ亀裂が入ってしまったからには、今後も各々が良い方向へ向かう(欲望を満たす)ため、手段を選ばずに闘争を繰り返していきそうです。

 

一方、アンバーさんとターシャさんとの相性は非常に良く、特にアンバーさんからターシャさんへの愛情と憧れが強いようです。それも踏まえると、うまいことジョニーさんを悪者にして、彼女たちがこの別れの闘いを制してしまうような気がします。

 

苦境を迎えているジョニーさんですが、クールで変幻自在な彼の演技のように難なく乗り越えて(演じ切って?)いただきたい。それがファンとしての心情です。いつかまた、かっこいいジョニー・デップを見られる日が来るのでしょうか。

 

また、ジョニーさんを翻弄する(?)ターシャさんには、今後も要注目ですね。

TAG
SHARE ON