グルメ
お酒
2017/5/7 20:00

【5分で覚える日本酒】十四代、飛露喜に次ぐスターといえばコレ! スイスイ飲める三重県の銘酒4選

松阪牛や伊勢えびなど、高級食材の宝庫として知られる三重県。その日本酒は、紀伊山地からの清冽な軟水を使い、やわらかな飲み口の甘口が多い傾向にあります。今回は、なかでも注目の4銘柄を紹介。すでにスターの地位を確立し、入手困難となっている銘柄もあります。以下でしっかりチェックしていきましょう。

 

その1

リンゴのように爽やかな味わい

20170508-s1 (5)

作(ざく)

雅乃智(みやびのとも)

純米吟醸 八反錦(じゅんまいぎんじょう はったんにしき)

3780円(1.8ℓ)

蔵のある鈴鹿で生まれ育った杜氏が、伊勢杜氏の伝統を引き継いで醸した酒。栓を開けるとおだやかな甘い香りが漂い、口に含むとリンゴのような爽やかな甘酸っぱさを感じます。滑らかなのどごしも心地良い1本です。

 

その2

やわらかな口当たりで自然と杯が進む

20170508-s1 (1)

瀧自慢(たきじまん)

純米大吟醸

4212円(1.8ℓ)

秒単位で行われる米洗いをはじめ、妥協のない仕事で少数精鋭の蔵人が醸す蔵。本品は、純米大吟醸らしい透明感とやわらかな口当たりが楽しめて、ついつい杯を重ねてしまいます。キレも抜群なので、食中酒としても優秀。

 

その3

だしを生かした和食に合う燗もおすすめの食中酒

20170508-s1 (2)

天遊琳(てんゆうりん)

特別純米酒 瓶囲い

3024円(1.8ℓ)

限定給水による米洗いや薄盛りの麹造りに徹するなど、繊細な匠の技で醸す蔵。本作は、穏やかな香りで主張しすぎず、和食をはじめ食中酒としておすすめ。燗にすると、米の旨み、酸味もほどよくスムーズに楽しめます。

 

その4

次世代スターの地位を確立した入手困難な銘柄

20170508-s1 (3)

而今(じこん)

純米吟醸 八反錦火入(はったんにしきひいれ)

3240円(1.8ℓ)

而今は十四代、飛露喜に続く次世代の筆頭。酒銘には「過去にも未来にも囚われず、今をただ精一杯生きる」との意味があり、この精神のもとに6代目の蔵元、大西唯克氏が精魂を込めて醸すブランドです。伊賀山田錦、愛山、千本錦などを使って毎月違う種類を出荷するなか、本品は1~2月に発売する食中酒タイプ。香り、酸、旨みのバランスが良く、キレも良いので、盃が進むこと間違いなし。すでに個人レベルでは入手困難な銘柄となっているので、居酒屋で見かけたら、機を逃さずに楽しんでみてください。

 

蔵元コメント

20170508-s1 (4)

木屋正酒造 大西唯克さん

火入れ酒でも、生と同様のフレッシュな味に仕上げるのが理想。ありがたいことに、そう評価して頂くことも多くなりました。ポイントは、米から甘みを引き出し、酸で切ること。そのためには、蔵の清潔さが必要不可欠です。不衛生だと、酸が多く出てしまうんです。使った道具はすぐに洗う、そんな当たり前のことにも手を抜かないよう、心掛けています。

 

以上、三重県の日本酒4選でした。いずれもスイスイ飲める軽快な味のお酒なので、日本酒の初心者にもオススメです。居酒屋で見かけたら、ぜひ試してみてくださいね。

TAG
SHARE ON