グルメ
2017/5/29 18:00

肉ブームの最新トレンド「スター牧場」って知ってる? 超希少な尾崎牛を焼肉店「ひむか」で体験してきた

いまだ肉ブームが好調を維持しています! ただ、細分化していくとなかでも「肉バル」や「熟成肉」などトレンドには移り変わりがあるようで、いま特に注目されているのが「スター牧場」です。これは「松阪」や「米沢」といった地名ではなく、「尾崎」や「田村」といった牧場主の名前を冠した牛肉のこと。今回はその尾崎牛が味わえる銀座の焼肉店を紹介します。

 

日本では毎月20頭しか味わえない希少ブランド「尾崎牛」

尾崎牛の牧場主は、尾崎宗春さん。宮崎産なので普通なら宮崎牛となりますが、独自の飼育と肥育による品質の違いをわかりやすくするために、敢えて自身の名を冠しているそうです。ただ、少数生産なので出荷数は毎月40頭のみとわずかなもの。

↑尾崎牛焼肉 銀座 ひむかの料理長・山田力也さん
↑「尾崎牛焼肉 銀座 ひむか」の料理長・山田力也さん

 

しかも、いまやパリの星付きレストランで使用されるほど世界中で高評価。噂が噂を呼び、実は海外に半分が出荷されています。つまり、日本国内では20頭ほどしか味わえません。その超希少なブランド牛を味わえるのが「尾崎牛焼肉 銀座 ひむか」なのです。

↑ひむかは2016年3月にオープンした「東急プラザ銀座」の11階にあります
↑ひむかは2016年3月にオープンした「東急プラザ銀座」の11階にあります

 

お店は銀座の一等地の高層階。店内には目の前で絶景を楽しめる窓際の席をはじめ、ボックス席に個室など様々なシートが用意されています。焼肉デートを楽しむなら絶好のロケーションといえますね!

↑暗くなればラグジュアリーな銀座の夜景が!
↑暗くなればラグジュアリーな銀座の夜景が!

 

くどくなく繊細な味は崇高といえる稀有なおいしさ!

いよいよメニューをご紹介。尾崎牛の育成は「飼料の与える時間を一定にする」「牛をよく寝かせる」「畜舎内の清掃は午前中に済ませる」などの特徴があり、極力牛にストレスがかからないようになっています。健康的なので、脂がくどくなく繊細。そのおいしさをダイレクトに味わうなら、生肉が一番です。

↑ひむか生肉三種盛(赤身刺、タタキ、ユッケ)/3000円
↑ひむか生肉三種盛(赤身刺、タタキ、ユッケ)/3000円

 

「生って食べられなくなったのでは?」と思う方、ご安心を。実は仕入れと衛生を徹底し、保健所の厳しい審査をクリアしたお店なら提供可能なのです。同店では、都内有数の生食専用加工室を完備しており、管理体制は完璧。まさに幻の逸品といえる生肉を3種食べ比べできるのです!

↑タタキは、ソトモモにあたる部位・なか肉を絶妙な火加減で炙ったもの。ほんのり甘いつめダレとともに味わえば、ミルキーな旨味が口いっぱいに広がります。お好みでワサビや生姜を
↑タタキは、ソトモモにあたる部位・なか肉を絶妙な火加減で炙ったもの。ほんのり甘いつめダレとともに味わえば、ミルキーな旨味が口いっぱいに広がります。お好みでワサビや生姜を

 

そして、主役はやはり焼肉。オーダーしたのは、その日のオススメを一度に味わえる盛り合わせです。部位ごとに丁寧にカットされた肉の数々は、断面の美しさも芸術的。テーブルに運ばれると、鮮やかな肉の表情に見とれてしまうほどです。

↑尾崎牛ひむか五種盛/3200円(1人前)
↑尾崎牛ひむか五種盛/3200円(1人前)

 

こうなると、箸を扱う一挙手一投足も自然と慎重に。尾崎牛は、濃厚な脂のおいしさを礼賛するサシ(霜降り)第一主義にとらわれない肉づくりが特徴のひとつですが、それでもサシの入り方はエレガント! ここでは、その一部を紹介していきます。

↑肩~腕にかけての部位で、形が唐辛子に似ていることからその名が付いたトウガラシ。しっとりした肉質と、凝縮された赤身の旨味が豊かで上品です
↑肩~腕にかけての部位で、形が唐辛子に似ていることからその名が付いたトウガラシ。しっとりした肉質と、凝縮された赤身の旨味が豊かで上品です
↑一般的に脂がのったバラ肉のことをカルビと呼びますが、そのなかでも特に上質な部分がこのトップバラ。融点が極めて低く、口のなかでとろける食感と濃厚な旨味が特徴で、余韻はシルキーで実になめらか
↑一般的に脂がのったバラ肉のことをカルビと呼びますが、そのなかでも特に上質な部分がこのトップバラ。融点が極めて低く、口のなかでとろける食感と濃厚な旨味が特徴で、余韻はシルキーで実になめらか
↑ロースの一部である肩芯。柔らかくて脂の上品な部位ですが、尾崎牛ともなるとさらにワンランク上。肉質がきめ細かくて、優雅な余韻がたまりません!
↑ロースの一部である肩芯。柔らかくて脂の上品な部位ですが、尾崎牛ともなるとさらにワンランク上。肉質がきめ細かくて、優雅な余韻がたまりません!
↑モモの付け根にあたる、ササバラ。こちらも赤身と霜降りのバランスが絶妙で、サクっとした食感のあとにジュワっとあふれ出る肉汁が芳醇です
↑モモの付け根にあたる、ササバラ。こちらも赤身と霜降りのバランスが絶妙で、サクっとした食感のあとにジュワっとあふれ出る肉汁が芳醇です

 

クラフトビーフとクラフトビールで最高のペアリングを!

なお、肉以外のメニューも魅力的なものばかりです。たとえば、冷麺はホロりとくずれるタン先がのった贅沢な内容。また、ドリンクでは東京が誇るクラフトビール「馨和 KAGUA」の生を扱っており、少量生産のこだわりが詰まった“クラフトビーフ”とのペアリングが楽しめます。

↑左が柚子の香る「馨和 KAGUA」Blanc、右が山椒の効いた「馨和 KAGUA」Rouge/各800円
↑左が柚子の香る「馨和 KAGUA」Blanc、右が山椒の効いた「馨和 KAGUA」Rouge/各800円
↑冷麺/1200円(写真はコース用のサイズで、本来はもっとボリューミーです)
↑冷麺/1200円 ※写真はコース用のサイズで、本来はもっとボリューミーなものになります

 

味に立地に雰囲気と「さすが銀座!」と思えるクオリティですが、だからこそ特別感も圧倒的。何よりも、いまの肉ブームの最先端トレンドといえるスター牧場のおいしさを、ぜひ味わってみてください!

 

【SHOP DATA】

尾崎牛焼肉 銀座 ひむか

住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座11F

営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)

定休日:不定休(東急プラザ銀座に準ずる)

アクセス:東京メトロ銀座線ほか「銀座駅」C2・C3出口徒歩1分

TAG
SHARE ON