グルメ
2017/9/1 12:15

ボリューミーな牛タン丼が980円! 今夏登場したすた丼の新作はご飯が進みまくるウマさだった

ニンニクの効いた豚肉が激ウマのガッツリ丼チェーン店といえば「伝説のすた丼屋」。同店から8月1日より、インパクト大の新メニュー「仙台牛タン塩すた丼」が発売されているのをご存知でしょうか? そこで今回は、この一杯を徹底的にチェック! 味のレポートをはじめ、同メニューの魅力に迫っていきます。

 

ご当地シリーズの第2弾が「仙台牛タン塩すた丼」だ!

訪れたのは渋谷のセンター街にある「伝説のすた丼屋 渋谷宇田川町店」。大きな看板には「昭和四十六年創業」「国立名物」といったトリビア的情報も。意外に歴史が古く、しかも国立発祥ということは、あまり知られていなかったりします。

↑渋谷宇田川町店
↑渋谷宇田川町店

 

着席したところで即座にお目当のメニューを注文。しばし待つと、やってきましたよ。その逸品が! 同チェーンならではといえる、圧巻の貫禄あるボリューム。お腹が減っているときにはこれがうれしいんです。さっぱり食べるための味変アイテムとしてのレモンと、味噌汁が付いてくるのもポイントですね。

↑仙台牛タン塩すた丼(980円)
↑仙台牛タン塩すた丼(980円)

 

開発のストーリーを聞くと、今年6月に期間限定で販売した「北海道すた丼~濃厚バター醤油味~」が好評だったため、「ご当地すた丼」としてシリーズ化することが決定したのだとか。そして、その第2弾がこの「仙台牛タン塩すた丼」というワケですね。

↑食べやすく薄切りにカットされた牛タンは5枚!
↑食べやすく薄切りにカットされた牛タンは5枚!
↑牛タンだけではなく、豚バラ肉も! こちらは6枚のっていました。さらに、まろやかなとろろがかけられているのもポイントです
↑牛タンだけではなく、豚バラ肉も! こちらは6枚のっていました。さらに、まろやかなとろろがかけられているのもポイントです

 

大盛りご飯を飽きずに完食できる魅力が満載!

20170901-a01-3

いよいよ実食! 味はニンニクと黒胡椒のパンチが際立つ塩ダレが効いていて、牛タンにしっかりと絡まってヤミツキになるウマさ。そのタレは肉汁と一体になり、ご飯をおいしくコーティング! 香ばしいゴマ、そして爽やかなネギなども好アクセントになり、茶碗約3杯分の大盛りライスでも飽きずにバクバク食べ進められます。

 

20170901-a01-5

もちろん豚肉も芳醇! こちらは本メニュー専用のカット&味付けで、通常のすた丼用の肉よりも厚めになっているそうです。肉が2種類のっているのも、飽きさせずに完食できる魅力。さらには、とろろもご飯との一体感に拍車をかけるので、まるで飲み物のように食べ進められるということですね。

 

20170901-a01-4

そして、すた丼の隠れた魅力といえば、卓上の多彩な味変アイテム。追いニンニクをはじめ、豆板醤、ラー油など、さまざまな調味料でいろんな味を楽しめるのです。

 

20170901-a01-1

「そんなに多くは食べられない」という人にはミニ丼が830円であり、逆に「もっと牛タンを食べたい」とい人は100円で追加ができます。全国で提供されているので、ぜひこの機会にすた丼へ。

 

【SHOP DATA】

伝説のすた丼屋 渋谷宇田川町店

住所:東京都渋谷区宇田川町12-12 シグマ第5ビル1階

アクセス:JRほか「渋谷駅」ハチ公口徒歩8分

営業時間:11:00~24:00(L.O.23:30)

定休日:なし

TAG
SHARE ON