グルメ
ファストフード
2016/4/1 20:19

【バンズは約10㎝/パティは9㎝】ビッグマックの1.3倍デカい「グランド ビッグマック」のデカさを計測してきた

ジャンボサイズのハンバーガーといえば、マクドナルドのビッグマックが有名です。1971年、日本にマクドナルドが誕生してからの超ロングセラーであり、ジャンボバーガーの先駆けともいえる同商品。今回、それを超えるサイズの新商品「グランド ビッグマック」が、4月6日から全国で発売されます!

 

大きいが安定感のあるおいしさで食べ飽きない!

DSC_1787
↑左がビッグマック。右がグランド ビッグマック

 

そのサイズはなんとビッグマックの1.3倍の重量! しかも、それをさらに超えるボリュームの「ギガ ビッグマック」も数量限定で発売されるとか。そのデカさを、新商品発表会に行って確かめてきました!

DSC_1650

まずはグランド ビッグマックの詳細から。単品の価格は520円で、バリューセットは790円です。3段のバンズと2枚のビーフパティという仕様は通常のビッグマックを受け継ぎながら、サイズは1.3倍超えという大きさ。

 

DSC_1801

そして実食! 味は長年愛され続ける秘伝のオリジナルソースのほか、レタスやオニオンなど計7つの素材によって“デカイけど食べ飽きないおいしさ”に仕上げられています。ビーフパティがよりジューシーに感じられ、またバンズも大きくなっているので生地のふわふわ感も絶大。ただデカいだけではありませんでした。

DSC_1802

DSC_1803
↑そしてこっそりサイズもチェック! バンズもパティも直径10cm前後と、ロングサイズのタバコの長さと同じぐらい。やはりかなりのデカさです

 

さらにデカい「ギガ ビッグマック」とポテト&コーラに驚愕

ギガ ビッグマックは試食がなかったものの、現物は用意されていたので大きさの比較をしてみました。通常のビッグマックでさえ大きいのに、それを超えるものがふたつもあると壮観のひとことです。

DSC_1786
↑左がグランド ビッグマック。右がギガ ビッグマック。ギガはビーフパティが計4枚となり、数量限定で単品が740円。バリューセットは1000円

 

また、実はこの新商品に合わせて「グランドフライ」に「グランドコーク®」という、Lサイズを超えた大きさのポテトとコカ・コーラも発売されます。それぞれポテトはMサイズの1.7倍、コカ・コーラはMサイズの2倍とか!

 

DSC_1789
↑左からビッグマック、グランド ビッグマック、ギガ ビッグマック。左上にはバーガー並みの直径を誇るグランドコーク®を置いてみました

 

 

DSC_1791
↑手前のふたつがMサイズ。奥がグランドサイズ

 

なお、価格はグランドフライが370円で、グランドコーク®が290円。ふたつをセットとして付けることができ、その場合は「グランドセット」となります。グランドセットは、グランド ビッグマックなら890円、ギガ ビッグマックなら1100円です。

DSC_1800

DSC_1807

グランドセットの高さはポテトもドリンクも17cm以上、なみなみと注がれたドリンクカップの縁の直径は10cm以上。なお筆者はすべてを一度に食べきることができませんでした。でもお腹がすいているときは、ぜひグランドセットにしてガッツリ食べたいです!

 

ホビー好き注目! 特製ナノブロックも同時発売!

今回、規格外にデカいグランド ビッグマックの登場に合わせ、逆に世界最小級サイズのnanoblock®をモチーフにしたおもちゃも同時に発売されます。内容はビッグマック、マックフライポテト、ドリンクとなり、3個セットは1150円、単品は各400円となります。ホビーファンは必見ではないでしょうか!

DSC_1813

なお、発表会には商品のCMに登場する横綱・白鵬関が登場。日本マクドナルドのサラ・エル・カサノバ社長とトークしたり、ギガ ビッグマックをかぶりついたり、nanoblock®製のオリジナル等身大パネルを披露したりと会場を沸かせました。

DSC_1692

DSC_1746

DSC_1719

そして「4月6日まで待てない!」という人に吉報。実は本商品、すでに渋谷の東映プラザ店で先行発売されています。ぜひ駆けつけてみてはいかがでしょうか!

DSC_1817
↑にぎわいを見せる渋谷東映プラザ店

 

【URL】

マクドナルド http://www.mcdonalds.co.jp/

グランド ビッグマック/ギガ ビッグマック/グランドコーク®/グランドフライ http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/grandbigmac/index.html

TAG
SHARE ON