グルメ
2018/3/11 11:00

与野から南浦和へ。自家挽きアンガスビーフパティが絶品の「I-FIVE」で米西海岸の風を感じろ!

ハンバーガーストリート・松原好秀の「週末はハンバーガー」 Burgers Cafe I-FIVE (埼玉・南浦和)

「バーガーズカフェ アイファイブ」というこの店、最初は同じさいたま市内の与野にあった。オープンは2010年。住居付きの店舗で、呼ぶと奥から店の人が出て来るような、駄菓子屋的な風情もあって人気だったが、16年秋にいまの南浦和に移転した。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

自家挽きアンガスビーフパティの噛み締めるおいしさ!

「店内で食べて欲しくて」というのが、同店が移転した理由である。その結果、持ち帰りがメインだった小さな店から、店内30数席の大きなカフェに大変身した。メニューもステーキやガーリックシュリンプ、ランチにはライスプレートも出す「イートイン」中心の構成に一新。ちょっと変わったスイーツもある――。

Exif_JPEG_PICTURE

 

店主岡田さんの奥さん・公美子さんは米国オレゴンへの留学経験があり、以来30年にわたり、ほぼ毎年のようにオレゴンを訪ねて、ステイ先の家族と交流を続けている。与野の頃からのメニュー「ファンネルケーキ」は、そんな公美子さんにとってなじみ深い一品で、遊園地へ行くとよく屋台で売っているアチラでは定番のお菓子だ。

Exif_JPEG_PICTURE
↑日本ではめずらしい「ファンネルケーキ」(540円)。小麦粉の生地を漏斗から絞り出して揚げたドーナツのようなお菓子で、つい食べる手が止まらなくなるおいしさ

 

バーガーメニューは25品。パティは店内で自家挽きしている。USアンガスビーフをブロック肉で仕入れ、中挽き肉と賽の目に切ったカット肉、さらに和牛脂を加えた100グラムパティに成形。噛むと「みしっ」と歯ごたえがあっておいしい。その下にグリルしたオニオンが細長くほぐして敷いてあり、この食感も美味。「サンフレッセ」製のバンズはしっかり焼き込んでカリッとサクサクの焼き加減。一個食べるとお腹いっぱいの、ボリューミーなバーガーだ。

Exif_JPEG_PICTURE
↑「アボカドベーコンチーズバーガー」(1360円)。USアンガスビーフの自家挽きパティにサックサクに焼いたバンズ。チェダーチーズがアボカドに絡んでまったりマイルド!

 

「I-5」とは、米国西海岸を縦断する高速道路の略称。途中、オレゴンも走り抜ける。そんな道の名が店名の、今年8年目を迎える実力店。マスコットは93インチ(236センチ)の巨大テディベア!

Exif_JPEG_PICTURE
― shop data ―
所在地: 埼玉県さいたま市南区文蔵2-29-25
アクセス: JR南浦和駅歩9分
オープン: 2010年6月12日
営業時間:
月~金: 11:30~15:00, 17:00~22:00
土曜日: 11:30~22:00
日・祝: 11:30~21:00
定休日: 木曜日(要確認)

TAG
SHARE ON