グルメ
2018/3/7 20:00

【立ち食いそば】これぞ「究極の隠れ名店」だ! 驚きのコスパを誇る霞ヶ関・官庁内の名店

日本の行政の中枢・霞ヶ関にも立ち食いの名店がある。「日豊庵」は農林水産省の庁舎内の食堂で、農水省以外の職員も食べにくる人気店だ。11時~15時は一般人も利用できる。
 

絶品野菜そばが味わえる農林水産省内の隠れ名店

20180216nitibuan_main
↑「二食そばセット」(500円)はボリューム満点ながら、女性でもペロッと食べられてしまうおいしさ

 
人気は「二食そばセット」だ。日替わりそばに「ミニ冷やし野菜炒めそば」が付くから〝二食〟そば。実はこの「冷やし野菜炒めそば」こそが、名物なのだ。
 
このそばはキャベツやもやしなどを軽く炒めて冷まし、それをそばにのせて、かつお節が利いたもり汁をかけたもの。シャキシャキ甘い野菜は最初は薄味だと感じるが、食べ進むほどに「ちょうどいい味加減」になる。
20180216nitibuan_sab
↑香り豊かな「もりそば」が何と280円。「日豊庵」の運営元が製麺会社であるため、提供できる価格だ

 
なお、農水省の庁舎内に出店するには、できる限り国産食材を使うことなどが条件。つまり、同店の食材の多くは国産で、品質は折り紙付きだ。食材の質と価格で市井の立ち食い店を凌駕し、かつ味も文句なし。まさに「究極の隠れ名店」といえる。
20180216nitibuan_out
日豊庵
住所:東京都千代田区霞が関1-2-1 農林水産省 北別館1F
営業時間:11:00~15:00/17:00~20:00(一般開放は11:00~15:00/月~金)
定休日土、日、祝日および閉庁日
 

【その他のお店を知りたい方はコチラ!】
20171228-s500
立ち食いそば名鑑120 首都圏編
定価:本体690円+税
発売日:2017年12月7日
発行所:(株)学研プラス
TAG
SHARE ON