グルメ
2018/5/6 21:00

「ガツンと来るおつまみ」を身体が欲したらコレ! セブン-イレブン「うま辛チキン(黒胡椒にんにく味)」

健康志向が強い昨今、脂っこいフードは避けられがち。しかし、その反動もあって、酒飲みにはどうしても「つまみにオイリーでジャンキーなものを食べたい!」というタイミングが訪れますよね。今回は、コンビニホットスナックのなかでも、油のテカテカ感がたまらないセブン-イレブン「うま辛チキン(黒胡椒にんにく味)」を選択。苦みと爽快感の際立つ国産クラフトビールと一緒に紹介します。

 

チキンのにんにく味とビールのガツンとくる苦み、2つの“強烈”の綱引きを楽しむ

店頭のレジ横でテカテカと輝く「うま辛チキン」。味は複数種類ありましたが、もっとも味の強そうな黒胡椒にんにく味を選びました。黒胡椒のせいか衣全体が黒光りしているようにも見えます。

 

包装を開けると、まさに期待通りのにんにくの香り。これは、人と会う前に食べるのは止めたほうがいいでしょう。

ふたつに切ってみると、包丁からはサクッという音がして、断面から溢れ出る肉汁とともに、もも肉が顔を出しました。肉好きな読者であれば、そのみずみずしいビジュアルから、強く食欲をそそられることでしょう。

 

ということで、さっそく食べてみました。サクサクとした衣にはしっかりと味がついており、その強さはにんにく8で黒胡椒が2、という具合。肉はやわらかく仕上がっていて、カリカリの衣との対比が印象的。噛みしめるとたっぷりの肉汁が口の中にあふれ、肉の旨さを味わうことができました。

 

にんにくの強さと脂っこさから人を選ぶ本品ですが、「味の濃い~肉をを食べたい!」という方であればぴったりな一品ですね。

そんな本品をアテにした今回、選んだお酒はヤッホーブルーイング「インドの青鬼」(350mℓ 288円)。インディア・ペールエール(IPA)と呼ばれるスタイルで、強烈な苦みと深いコク、7%というビールにしては高めのアルコール度数が特徴です。苦みの一方で柑橘類の皮を思わせるようなフルーティさも含んでおり、通常のビールとはまったく違た味わいを楽しめます。

 

うま辛チキンと合わせてみると、一気に押し寄せる苦みが、チキンのにんにく風味を一瞬で忘れさせるかのよう。後味はさっぱりしていて、チキンの脂っぽさを口の中に残しません。強烈な苦みのせいで好みは分かれるでしょうが、ビール好きにはたまらない、素晴らしい爽快感です。そこでチキンを再びむさぼれば、コッテリからスッキリそしてまたコッテリと、味のループを楽しめるというわけ。

 

そんな間違いのない組みあわせが生む、コッテリとスッキリのハーモニー。酒好きなら、きっとハマるはずですよ。

 

セブン-イレブン
うま辛チキン(黒胡椒にんにく味)
実売価格198円

TAG
SHARE ON