グルメ
2018/5/15 21:00

「ふぐの生ハム」が600円台でいいの? やっぱり日本酒が合う、やさしいのにリッチな味

ふぐは、いわずと知れた高級魚。特に旬とされる冬では、ふぐちり(鍋)などでぜひ食べたい食材のひとつです。このほど、そんなふぐを一般家庭で手軽に味わえるおつまみの存在を知りました。

 

天然のふぐの旨みを生かしつつ燻製した、上品な味わい

その商品は、玄洋社「ふぐの生ハム」。トラフグより安価ながら、味には定評がある天然物のマフグの身を、ウイスキー樽を砕いたホワイトオークのチップでスモークした商品です。魚の身に火が通らない「冷燻製」という手法を使い、生ハムとして仕上げています。

真空パックされた袋を破ると、ほんのりスモークの香りが。香りは、サクラチップによる燻製に比べてやや弱めです。食べてみると、身はかなりしっかりしていて、歯ごたえが強いことにびっくり。その歯ごたえには、「ごりっ」という擬音語をあてたくなるほど。味わいは、燻製の味が濃くないため、どちらかというと刺身に近いような印象を受けました。スモークによる上品な甘みとふぐのやさしい旨みが適度に交差し、しつこさを感じさせることなく、十分な満足感を与えてくれます。

そんな本品をお酒とあわせるのなら、味の濃くないものがよいでしょう。特に相性が良いのが淡麗な日本酒。両者の旨みが重なり、リッチな味わいが楽しめます。なお、燗を合わせた場合は、よりふぐの旨みが出やすくなりますから、さらに濃厚な味わいに。

また、その他のお酒で一番合うと感じたのが白ワイン。ただし日本酒に比べるとどうしても渋みがあるので、すっきりした、辛口のものを選ぶのがおすすめです。焼酎との組み合わせもアリですが、味やアルコール度数が強いぶん、ふぐの風味を感じづらいのが気がかりでした。種類は比較的すっきりしたものが多い麦や黒糖を、飲み方はロックのほか水割りにするのがベターです。

 

相方のお酒はやや選びますが、ちょっと贅沢したいというときにはぴったりのおつまみ「ふぐの生ハム」。とはいえ価格は600円と、ふぐを使った商品のなかではお手ごろですから、ぜひ試してみてはいかがですか?

 

【満足度ポイント】

日本酒 ★★★★★

白ワイン  ★★★★

焼酎 ★★★

 

玄洋社
ふぐの生ハム
実売価格648円

TAG
SHARE ON