グルメ
2018/5/23 21:00

大豆なのに「ナゲットの味」は本当か? 1袋45kcalのヘルシーおつまみ「まるナゲ」を、お酒との相性とともにチェック!

晩酌でどうしても気になってしまうのが、お酒とおつまみのカロリー。そんなものを気にしていたら、せっかくのお酒が楽しめない……と思っていてもやっぱり気がかりですよね。そこで今回は、超ヘルシーで話題のおつまみを紹介します。

 

苦味の強いビールと一緒に食べれば、まさに「まるでナゲット!」

そのおつまみとは、クラシエの「まるナゲ」。「まるでナゲット」という語を略したその商品名の通り、大豆を原料としながら、チキンナゲットに似た味と食感を楽しめるという商品です。脂質はチキンナゲットと比べてなんと80%ものカットに成功し、一袋当たりたったの45kcalという軽さ。スペックだけを見たら、なんとも夢のようなおつまみなのですが、果たしてその味はどうでしょうか。「和風醤油味」を試してみました。

見ためは、チキンナゲットかから揚げがややしぼんだような印象。外見から大豆製品だと連想されることはほぼないでしょう。香りはかなり醤油が強め。歯ごたえがしっかりしていてその食感は確かに肉で、鶏肉に近い印象でしょうか。ただ、独特のボソボソした食感と醤油の塩辛さ、さらにはジャンクな味わいがあるのが少々気になります。

そこでレンジで数十秒加熱してみたところ、香りのトゲがなくなって香ばしくなり、身のやわらかさが増して肉の食感へとさらに近づきました。これにともなって、食べやすさもアップ。ただし、加熱してもジューシーさは物足りなく感じるかもしれません。そこは、ヘルシーおつまみということで、割り切っておきましょう。

お酒との相性ですが、苦みが強いビールが一番いいと感じました。苦みと爽やかさが塩辛さを抑え、肉に近い食感を活かしてくれます。それこそ「まるでナゲット!」と言いたくなるような印象でした。

 

そのほかのお酒なら、強い味で「まるナゲ」の短所をカバーする組み合わせがオススメ。たとえばこってりした芋焼酎。ストレートやロックなどで薄めずにグイっと飲み、酒の味・アルコールの強さを感じながら、おつまみを一口、という楽しみ方がおすすめです。同じ理屈でウイスキーも好相性。ロックにしてちびちび飲むと「まるナゲ」のクセを抑えることができます。

 

ちなみに焼酎やウイスキーは、ビールや日本酒に比べて糖質が少なく、太りにくいとされている蒸留酒。ヘルシーに晩酌を楽しみたいという方には、こちらがおすすめです。

 

【満足度ポイント】

ビール            ★★★★★

焼酎(芋・ロック) ★★★★

ウイスキー(ロック)★★★★

 

クラシエ

まるナゲ(和風醤油味)

実売価格168円

TAG
SHARE ON