グルメ
2018/8/25 11:00

茨城のソウルフードといえばコレしかないでしょ!!――茨城県民がこよなく愛するご当地グルメ3選

日本全国津々浦々、各都道府県のオススメ食材を紹介する【ご当地グルメ&おつまみショー】、今回は茨城県のご当地食材をご紹介します。茨城といえば、年配の方には「この印籠が目に入らぬか」の水戸黄門様が有名ですが、ご当地グルメといえば定番中の定番、納豆なしでは語れません!

 

[1品目]

水戸黄門様のお膝元、水戸郷土料理のそぼろ納豆

額賀商事

きりぼし納豆

茨城名産として代表的な納豆。関西出身の人には苦手な人も多いですが、その苦手の原因である匂いとねばりこそが、納豆好きにとってはたまらないのです。納豆に季節の野菜を混ぜても美味しいし、合わせる調味料は醤油、みそ、砂糖、とアレンジはお好み次第。

 

その納豆アレンジの一つに「そぼろ納豆」があります。そぼろと聞くと「鶏のそぼろでも混ざっているの?」と思われるかもしれませんが、このそぼろとは切り干し大根のことなんです。やはり勘違いする人が多いらしく、こちらの商品は「きりぼし納豆」と名づけられています。

 

よく効いた塩味の正体は塩漬けの切り干し大根。そのおかげで通常の納豆よりも賞味期限が長くなっています。味見をせずにお醤油をかけてしまう事のないよう、注意してくださいね。198円(参考価格)~。

 

↑切り干し大根が絶妙なアクセント! 粘りはあまりありません

 

[2品目]

粘りも再現した納豆風味のスナック菓子

リスカ

茨城名物なっとう味スナック(12本入り)

茨城名産の代表ともいえる納豆が、スナックになりました。駄菓子の定番「うまい棒」と同じリスカ株式会社が製造しているので、うまい棒の姉妹品と考えていいでしょう。サクサクとした軽い食感の後に感じられる納豆感がなんともいい感じです。

 

味は3種類を用意。写真で紹介した「梅味」「からしマヨネーズ味」と、ほかにも「めんたい味」があります。「梅」といいつつも酸味はほとんどありませんし、「からし」とついていても子どもに刺激が強すぎるほどの辛さはありません。

 

そのままお菓子として食べれば美味しいですし、おススメアレンジとしては料理に使うという手もあります。袋の上から押して砕けばクルトン風に! 味の濃さを活かして、サラダに載せたりパスタに混ぜたりとアレンジし甲斐があります。もちろん大人の手軽なビールのつまみとしてもおススメです。各213円(参考価格)~

 

↑サクサクした食感としっかりしたなっとう味が最高です

 

[3品目]

風味たっぷりメロン果汁入りの炭酸飲料

亀印製菓

茨城メロンサイダー(日本一のメロン生産地鉾田市メロン使用)

メロンといえば夕張! と言われそうですが、実は生産量の日本一は茨城県鉾田市です。厳格な審査のある夕張ブランドメロンと違い、茨城県のメロンの認知度はまだまだ低いようですが、味は決して引けを取りません!

 

価格は庶民的で味は極上となれば、「プロモーション次第で人気爆発は間違いなし。もっと茨城メロンの宣伝に本腰をいれていこう!」という地元の願いがあったか否か、茨城県老舗和菓子店の亀印製菓がご当地メロンサイダーを発売しました。メロン風味の炭酸飲料と言えば、あの緑色のクリームソーダを思い出しますが、鉾田市産のメロン果汁が入っているので、かき氷シロップのメロンとは風味が違います。上品かつさわやかで芳醇なメロンの香りを、お子さまだけでなく大人のスイーツとしてもお楽しみください。210円(参考価格)~

 

↑ソーダやシロップよりも透明感のある見た目通りの、清涼感あふれる上品な甘さのサイダー。キンキンに冷やしてどうぞ!

 

TAG
SHARE ON