グルメ
お酒
2018/10/31 18:00

「究極のレモンサワー」に使うなら、コレ以外ありえない! 瀬戸内の「レモン島」で「皮が違う」絶品レモンに遭遇

「究極のレモンサワー」を志すGetNaviプロデューサー・松井謙介。前回は宮崎県の高鍋町にある宝酒造「黒壁蔵」を訪れ、最適な焼酎の候補を手に入れた。今回は、レモンサワーにぴったりなレモンを探すべく、「瀬戸田レモン」で知られる国産随一のレモンの生産地、広島県の生口島(いくちじま)を訪問。果たして、最高のレモンは見つかるのか? 地元JAの全面協力のもと、レモン探しの旅が始まった!

 

国内随一のレモンの産地、広島県の生口島に到着!


「来たぜ、生口島! そして来たぜ、JA三原せとだ支店へ」

 

改めて説明しよう! 生口島とは瀬戸内海に浮かぶ島のひとつで、人口は約8700人。広島県と愛媛県を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」のほぼ中央に位置する。住所でいえば広島県尾道市にあたり、島の東南部を除くほとんどの地域が瀬戸田町だ。瀬戸田町は柑橘類の栽培に適した「瀬戸内式気候」(※)で、1928(昭和3)年にレモンが栽培され始めてから約90年後の現在、「瀬戸田レモン」の名産地として全国に名を轟かせるに至った

 

ちなみに、島の農家の99%がレモンやみかんなどの柑橘を栽培しているとのこと。つまり、この島の農家のほとんどがレモン作りのプロなのだ。特に島の西端の垂水地区は栽培が盛んで、「レモン谷」と呼ばれる名所も存在する。

※瀬戸内式気候……瀬戸内海沿岸地域に見られる気候。年間を通じて晴天が多く、降水量が少ないため、乾燥しているのが特徴

 

…と、そんな情報はつゆ知らず、「レモンといえば瀬戸田」というざっくりした情報のもと、生口島に渡った松井。まずは情報収集のため、「JA三原せとだ⽀店」を訪れた次第である。今回はなんと、JA三原の運営委員会会長、原田 悟さんがじきじきにお会いしてくれることに。

↑JA三原の理事で、運営委員会の原田 悟会長

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
全文表示
TAG
SHARE ON