グルメ
お酒
2018/10/26 10:00

GetNaviプロデューサー、宮崎の焼酎蔵で「熟成焼酎」の深みにハマる! 「究極のレモンサワー」のための焼酎を探す旅

GetNaviプロデューサー、松井謙介は考えた。

 

最近、レモンサワーって人気だよな。某イケメンボーカルダンスユニットも愛飲しているというし、最近Lemonという曲もヒットしてるし。やっぱレモンサワー、来てるよな。ただ、いま飲んでいるレモンサワーもうまいけど、特別感というか、スペシャルなフィーリングが足りない……。もっとスゴイやつは作れないのだろうか。例えば、最高の素材を最高の配合で組み合わせてみたら……? もしかしたら、『究極のレモンサワー』ができるんじゃないか? オレの人脈をもってすれば、不可能ではない! よし。知識ゼロの超初心者だけど、やってやるぜ!」

↑決意を固めた瞬間の松井

 

「究極のレモンサワー」を志し、「最高の焼酎」を求めて宮崎へ!

「まずはレモンサワーの核となるもの……そうだ、焼酎を探そう!」

 

聞くところによると、大手酒造メーカー・宝酒造が所有する宮崎県の「黒壁蔵」には、樽で貯蔵した熟成酒がなんと約2万樽もあるという。そこまでの規模の蔵ならば、きっと理想の焼酎に出会えるはず……! さらにいえば、宝酒造はレモンサワー=「チューハイ」のパイオニア。チューハイの語源は「焼酎ハイボール」を省略したもので、缶チューハイも「タカラcanチューハイ」として1984年に発売したものが日本初となっている。当然、レモンサワーに関する知見も豊かなはず。ついでに、わからないことをいろいろ聞いちゃおう!

 

…というわけで、来ちゃいました! 宮崎へ!

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
全文表示
TAG
SHARE ON