グルメ
2019/1/22 21:30

海外の人が「あずきバー」「ガリガリ君」「雪見だいふく」を食べたら、どんな感想を抱く? 採点もしてもらった

日本の伝統料理や国民食、またはトレンドフードなどを様々な国の人に試してもらう企画が本連載です。今回は、雪見だいふくにあずきバー、ガリガリ君など国民的なアイスを食べ比べてもらいました。

 

【試してくれた人】

アメリカ:オースティン・ジョンソンさん カルピスアイスバーが好き。冷凍庫に常備しています。

韓国:キム・アラさん チョコのアイスが好物。特にピノは毎日食べるほど。

フランス:アレズキ・ベルシフさん アイスは1週間に2回程度。ハーゲンダッツが好き。

 

【エントリーNo.1】

 

丸永製菓

あいすまんじゅう

140

1963年誕生。濃厚な味で、国際的品評会「モンドセレクション」金賞の常連です。

 

【5点満点で評価】

オースティンさん:3.5/5.0

キムさん:5.0/5.0

アレズキさん:4.8/5.0

→total=13.3/15.0

「この濃厚さで140円はスゴイ! でも、僕には重くクリーミーすぎて食べきれないかも」(オースティンさん)

「信じられないぐらいの完成度! 甘く、柔らかくて天国にいるみたいなおいしさです」(キムさん)

 

【エントリーNo.2】

 

井村屋

あずきバー 85ml

108円

1973年誕生。独自の製法で炊いた十勝産あずきを使った、あずきアイスの金字塔です。

 

【5点満点で評価】

オースティンさん:3.8/5.0

キムさん:4.8/5.0

アレズキさん:4.5/5.0

→total=13.1/15.0

「日本らしい、すばらしいアイスだね。おいしいけど、僕はもっと柔らかいほうがいいな」(オースティンさん)

「硬いけど、食べると慣れてくるね。甘さはちょうどいいし、想像以上のおいしさだよ」(アレズキさん)

 

 

【エントリーNo.3】

 

 

赤城乳業

ガリガリ君 ソーダ(棒)

75円

1981年誕生。多彩な味がありますが、国民的アイスキャンディの原点の味はこれです。

 

【5点満点で評価】

オースティンさん:4.8/5.0

キムさん:4.0/5.0

アレズキさん:4.2/5.0

→total=13.0/15.0

「外側のアイスと、なかの氷のメリハリがすばらしい。フレーバーもおいしいし、幸せ!」(オースティンさん)

「おいしいけど、この量を冬にずっと食べていると飽きそう。夏ならもっと高得点かも」(キムさん)

 

 

【エントリーNo.4】

 

ロッテ

雪見だいふく

140円

1981年誕生。バニラアイスをやわらかい餅で包んだ、唯一無二の餅アイスです。

 

【5点満点で評価】

オースティンさん:4.5/5.0

キムさん:4.0/5.0

アレズキさん:4.0/5.0

→total=12.5/15.0

「韓国にも雪見だいふくはあるけど、緑色で味も違うわ。私は日本のほうが濃くて好き!」(キムさん)

「アイスの甘さやバニラの香りは最高さ。外も中身も、もっと柔らかければ満点だね」(アレズキさん)

 

 

【今回の一番人気!】濃厚で贅沢な味が決め手?金賞のおいしさは流石だった

あいすまんじゅうは、今回のなかで最も濃厚リッチな味わい。品評会で認められている世界的な味は、ここでも盤石でした。歴史が長いのも納得です。

 

 

LIFE PEPPERとは?

外国人ネットワークを活用し、日本企業の海外進出支援とインバウンド観光支援を行っています。市場調査からWeb広告までサービスの幅は広く、外国人のアサインもできる総合マーケティング企業です。

 

 

文/中山秀明 イラスト/マガポン 撮影/我妻慶一

TAG
SHARE ON