グルメ
立ち食いそば
2016/5/30 11:15

【昼はそば】かき揚げに飽きた人必見! 超巨大なゲソ天が堪能できる市川の「鈴家」

立ち食いそば店の食べ歩きが趣味で、立ち食いそばムックも執筆したことがあるライター、平島憲一郎さんが気になるお店をレポートするコーナー。今回は本連載初となる千葉県のお店、市川「鈴家」を紹介します。同店は立ち食いファンから長く愛される、市川屈指の老舗。市川駅南口の再開発を受けて移転を繰り返していますが、現在は南口の大型商業施設の2階で営業中です。

 

市川を代表する老舗は豪快なゲソ天が自慢!

↑かけそば+ゲソ天(430円)。丼を覆い尽くさんばかりのゲソは満足感あり。薬味のねぎをみじん切りにするのは珍しい
↑かけそば+ゲソ天(430円)。丼を覆い尽くさんばかりのゲソは満足感あり。薬味のねぎをみじん切りにするのは珍しい

 

この店の一番人気といえば、断然「ゲソ天そば」だ。むらさきいかのゲソを小さめのぶつ切りにしたかき揚げで、香ばしく揚げられたいかは柔らかく絶品。つゆは薄口の関西風で、宗田節、さば節を使っただしはうまみが濃厚。やさしいが、しっかりとした味わいだ。

 

↑カウンター上のケースには14種類の揚げ物がズラリと並ぶ。券売機での購入が基本だが、揚げ物はその場でも注文できる
↑カウンター上のケースには揚げ物がズラリと並ぶ。券売機での購入が基本だが、揚げ物はその場でも注文できる

 

天ぷらはゲソ天を含む全12種類を用意。なかには、おきあみ天の香ばしさを干しえびを使って再現した「あみ天」や、関西風つゆとよく合う「さつまあげ天」など、ほかの店ではなかなかお目にかかれない天ぷらもある。

 

↑細長い店舗の2面が総ガラス張りで、店内は開放感たっぷり。椅子と椅子の間も広めで、ゆったりと座れる

 

↑店頭の窓ガラスに貼られたメニュー表。多彩なトッピングは「かけそば」などの基本の麺と組み合わせて注文する
↑店頭の窓ガラスに貼られたメニュー表。多彩なトッピングは「かけそば」などの基本の麺と組み合わせて注文する

 

ちなみに同店では、冷やし天ぷらそば(うどん)を注文する際に、「天ぷら別でつゆもつけて」と頼むことが可能。天ぷらを別皿で出してくれるうえ、温かい天つゆが無料でつく。ぜひ利用したいサービスである。

TAG
SHARE ON