グルメ
お酒
2016/6/9 16:00

「2000ベロ」時代到来! 2000円でベロベロに酔うならチェーン店が狙い目【名代 富士そば編】

激安の大衆酒場のうち、1000円でベロベロに酔える店を「せんべろ」といいます。でも実際、本気でおいしくベロベロになるには1000円では無理かも……。そこで、ジャンルの異なる8つの人気チェーン店をピックアップし、激ウマメニューを調査しました。安酒を愛するライター・佐藤 喬さんが“ベロベロになる極意”も伝授。英世2枚で楽しむ「2000ベロ」を提案します。今回紹介するのは、プレモルが200円台で飲める「名代 富士そば」!

 

※:データはすべて2016年4/15日現在のもの

【関連記事】

「せんべろ」はもう古い! 2000ベロなら本当に酔えてしかもチェーン店が狙い目【大戸屋/餃子の王将編】

 

フリーライター・編集

佐藤 喬さん

129A_R

1983年生まれ。安酒と自転車を愛する。手頃な価格で満足できる「2000ベロ」を追求中です。

 

たくさん食べて飲んで最後は名物生そばで〆る

132-2_R

名代 富士そば(人形町店)

1966年に原点となる店が誕生して半世紀。茹でたての生そばの味に定評がありましたが、近年つゆや天ぷらも進化してさらにおいしくなりました。首都圏の駅前を中心に24時間営業の、いつでもベロベロになれるそばチェーンです。

【DATA】

実施店舗数:10以上

つまみの種類:約16

つまみの価格帯:60~200円

酒の種類:4

酒の価格帯:200~280円

 

すべての酒が200円台! はしご酒のあとの桃源郷

富士そばの魅力は、安くてウマくて提供が早いうえ、立地も良いこと。時間を惜しむビジネスパーソンを中心に、高い人気を誇っています。

 

「プレモルを含むすべての酒が200円台という安さは見逃せません。また、24時間営業という利便性も大きな魅力。仕事帰りなどのちょい飲みはもちろん、はしご酒のあとに軽い麺類で〆たいとき、非常に重宝します」(佐藤さん)

 

100円台の天ぷらで飲むも良し、280円からのそばで疲れた身体を癒すも良し。ここは、安酒飲みにとっての“最高峰”なのです。

 

132-1_R

天抜き 桜小海老天:130円

冷奴:200円

厚焼き玉子:200円

かつ煮:200円

オクラとろろ(そば):430円

ザ・プレミアム・モルツ:280円

ザ・プレミアム・モルツ(おかわり)200円

角ハイボール:280円

計1920円

 

【佐藤 喬直伝! “ベロベロ”になる極意】

そば屋で飲むなら「抜き」を注文すべし

「そば屋で飲みたがる呑兵衛は昔からいます。彼らが好んだのが、そばメニューからそばを抜く『(天)抜き』。そばつゆをかけるのもポイントで、脂っこい天ぷらとつゆが相まった味は濃厚。キリっとしたビールや日本酒と合います」(佐藤さん)

 

【小ネタ】

2杯目がさらに安い!

132-3_R

ザ・プレミアム・モルツが280円で飲めるのに驚きますが、2杯目以降はなんと200円! 一杯で切り上げるのは不可です!

 

●店舗数は国内のもので、メニューの種類や価格はテイクアウトを除きます。また店舗によって異なる場合があります。

 

【URL】

名代 富士そば http://fujisoba.co.jp/

TAG
SHARE ON