グルメ
2019/10/5 20:00

打開策は“ノリの良さ”! 「ニコニコのり」の新作に、にこにこしちゃうワケ

寿司、おにぎり、ラーメン。日本はもちろん海外の人も大好きなこれらグルメの名わき役といえば、のりです。でもいま、のりが危機になっているようなのです。 いったいどんな危機なのか、そしてその理由は? 「その対策はこれだ!」といわんばかりにアンサーを兼ねた新商品発表会を開催すると教えてくれたのは、大手「ニコニコのり」。というわけで、行ってきました!

 

 

良いノリを使ったプレミアム商品が激ウマ!

いきなりですが、危機というのは不作のことでした。のりの原料は秋~冬に収穫するのですが、昨年の国産のりは約半世紀ぶりの大不作だったそうなのです。主な理由は3つ。降雨量が少なく、海の栄養素が少なかったこと、温暖化や暖冬で海水温が上昇し、原料がうまく育たなかったこと、そして漁業従事者の減少です。

 

↑資料を見ると、ご覧の通り。これにより、メーカーは値上げや商品の内容量を減らさざるを得ない状況になっているということなのです

 

この状況を受けて、ニコニコのりが打って出るのは2つの新商品戦略。まずはプレミアム系ラインナップの強化です。理由は、過去の値上げにおいて、高価格商品は低価格帯よりも価格高騰の影響を受けにくかったからだとか。同カテゴリーから発売される商品を紹介しましょう。

 

↑ジャパンプレミアムシリーズ「有明海産 極 手巻のり 10枚」参考価格300円(税別)。科学的検査や社内検査員の官能検査で基準をクリアした原料のみを使った、手巻き寿司用の逸品

 

↑ジャパンプレミアムシリーズ「有明海産 青のり入 焼のり 10枚」参考価格750円(税別)。サクっと歯切れがよく、口内でジワっとうまみが出る上質な黒のりをベースに、青のり芳醇な香りも楽しめます

 

↑「有明海産 青のり入 味のり卓上 50枚」参考価格420円(税別)。こちらも、わずかな期間しかとれない青のりをブレンドした香ばしさが特徴。化学調味料無添加で味付けがされているのもポイント

 

食べてみると、どれも香りが濃くて口どけがなめらか。おいしいカウンター寿司店で体感できる、あの感動に包まれます。個人的には青のりの風味も絶品で、のりもこれだけいいものを使うと簡単に料理の味をグレードアップできることを再認識しました。

 

↑白玉だんごを実食。みたらしやあんこもおいしいですが、のりもワンランク上の風味で最高! ふだんのご飯やおにぎり、餅などでも効果を発揮してくれるでしょう
  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON