グルメ
2016/6/30 6:00

【進化する人形町!】“馬”すぎる生肉と斬新な肉料理がすべて本命級に美味な「肉寿司」

人形町といえば歴史と風情が漂う大人の街という印象ですが、同時においしいお店が多いというイメージもあります。老舗や高級レストランもさることながら、なかには良心的なハイコスパなお店も。今回は6月21日に同時オープンした気鋭の2軒を紹介しましょう!

20160629-A07 (18)

ひとつは「人形町 肉寿司」。その名の通り、肉を使った寿司を提供する人気店で、同店が20店目の店舗とのこと。そしてもうひとつは「焼鳥酒場 本田商店」。高級焼鳥店さながらの雰囲気を味わいながら、大山どりの焼鳥をひと串99円(税抜)から味わえる超絶コスパの新店です。シズル感たっぷりに詳細をレポートしていきますので、どうぞご覧ください。

 

馬肉を中心とした多彩な創作料理を提供する「肉寿司」

肉寿司は伝統的な日本家屋を想わせる設えと、「肉寿司」と書かれた力強い看板&提灯が印象的です。厨房では、職人が一生懸命料理を作ったり寿司を握ったり。和やかかつ活気あふれる雰囲気で、まさに江戸っぽい空間です。

20160629-A07 (1)

20160629-A07 (2)

 

今回味わった品々は開発中とのことで価格未定でしたが、独創性にあふれたオリジナリティの高いものばかり。それでは、一皿ずつ紹介していきましょう。

↑レッドカーペット。馬の尻の部分の赤身をカルパッチョ風に仕立てたメニューで、ねっとりとした食感が特徴です
↑レッドカーペット。馬の尻の部分の赤身をカルパッチョ風に仕立てたメニューで、ねっとりとした食感が特徴です

 

↑生肉餃子。生春巻きのような生地に、馬肉と香味野菜がぎっしり。パクチーやピリ辛のタレがクセになります
↑生肉餃子。生春巻きのような生地に、馬肉と香味野菜がぎっしり。パクチーやピリ辛のタレがクセになります

 

↑毛沢東スペアリブ風 鶏唐揚げ。湖南料理を代表する一皿(毛沢東が湖南省出身のため、この名がついたそう)がジューシーな手羽元で表現されています。ピリ辛で、サクサクのチップもおいしい!
↑毛沢東スペアリブ風 鶏唐揚げ。湖南料理を代表する一皿(毛沢東が湖南省出身のため、この名がついた)がジューシーな手羽元で表現されています。ピリ辛で、サクサクのチップもおいしい!

 

↑芯ロース。馬肉の旨味をダイレクトに感じられる寿司で、やわらかい食感です
↑芯ロース。馬肉の旨味をダイレクトに感じられる寿司で、やわらかい食感です

 

↑NIKURA。鶏のスープを化学変化させ、イクラに見立てた肉の粒を作り出した革新的な軍艦です。ムニムニした食感と、広がる鶏の旨味が絶妙
↑NIKURA。鶏のスープを化学変化させ、イクラに見立てた肉の粒で作り出した革新的な軍艦です。ムニムニした食感と、広がる鶏の旨味が絶妙

 

↑SUKIYAKI。牛リブロースを使う同店名物の寿司「さしとろ」を、生卵ですき焼き風に味わうシズル感抜群の逸品です
↑SUKIYAKI。牛リブロースを使う同店名物の寿司「さしとろ」を、生卵ですき焼き風に味わうシズル感抜群の逸品です

 

馬肉を中心にした生肉を寿司にしたりカルパッチョ風にしたりと、多彩な創作肉料理が目白押しの肉寿司。低カロリーでヘルシーなことでも知られている馬肉は、夏バテ対策にもいいのではないでしょうか。肉の寿司を未体験な人は、ぜひご賞味あれ!

 

【SHOP DATA】

人形町 肉寿司

住所:東京都中央区日本橋人形町3-4-13

アクセス:地下鉄日比谷線ほか「人形町駅」A5出口徒歩1分

営業時間:15:00~24:00

定休日:なし

 

【URL】

人形町 肉寿司 https://yoyaku.toreta.in/ningyoutyou-nikuzushi/

TAG
SHARE ON