グルメ
お酒
2016/7/14 10:00

沸騰させた日本酒でしゃぶしゃぶ!? 300年蔵元がオープンした銀座「悠久乃蔵」が斬新すぎる

スター蔵元や地酒イベントなどで盛り上がる日本酒業界。時間無制限飲み放題の専門店をはじめ、画期的なレストランのオープンも話題になっていますが、またまた斬新な一軒がオープンしました。それが7月1日にグランドオープンした「悠久乃蔵」。沸騰させた日本酒で味わうしゃぶしゃぶをメインに、昼は麹カフェとして二毛作営業を展開するとのこと。試食会に参加したので、その特徴を明らかにしていきましょう!

 

300年以上続く9つの蔵元が集結

運営するのは福井県の「源平酒造株式会社」。1673年創業という、2016年現在で343年続く超老舗蔵元です。今回の立ち上げは代表の萩原敦士さんが中心となり、同社並に300年以上の歴史持つ8つの蔵元と協力して「蔵元アンテナショップ」という形で生み出されたもの。

20160713-a02 (1)

 

とはいえ、ここまでの道のりは難儀なものでした。萩原さん自身はまったく違う畑の出身ながら、“メイドインジャパンの農業と酒”が世界に通用する日本のビジネスであると開眼。2012年に倒産した源平酒造の再建に民事再生で取り組み、2015年11月に民事再生を終結させたのです。その間に6次産業のいろはを実体験で学び、日本酒と麹(こうじ)の魅力に一層感動したのだとか。

↑左から4人目が萩原代表取締役
↑左から4人目が萩原代表取締役

 

メニュー開発で着目したのが、日本酒の持つアミノ酸とグルタミン酸の力です。「ダイエットに活用されるほど話題のアミノ酸と、和食とともに世界中から注目される「旨味」成分であるグルタミン酸。魚や肉を、栄養素たっぷりの日本酒と一緒に食べることで、料理の味がより一層引き立つのではないかと考えました」(萩原さん)

 

麹で育てた世界初の豚肉は旨くて臭みがなくて鮮度も抜群

試食会の冒頭では、そういったプレゼンテーションとともにあいさつが行われ、いよいよ試食となりました。しゃぶしゃぶのセットが運ばれ、目の前の土鍋にたっぷりと日本酒が注がれていきます。ドボドボと豪快なサマは、まるで祝宴のよう。吟醸香ともいえる、フルーティなアロマが鼻孔をくすぐります。

20160713-a02 (3)

 

そしてコンロに点火。ゆっくりと日本酒が温まり、芳香がさらに広がっていきます。やがて沸騰したら、完全にアルコールを飛ばすために直接マッチで着火。通常は厨房でこの作業を行うそうですが、今回はわかりやすく目の前で実演してくれました。メラメラと燃え上がる炎は臨場感たっぷりです。

20160713-a02 (4)

 

しゃぶしゃぶの具でイチオシというのが、鹿児島の「源麴研究所」と共同開発した「銀座蔵麹豚」。麹を配合させた飼料で育てるのが特徴とのことですが、麹菌にはストレスを軽減させる効果があるため、灰汁は皆無で獣臭も低減。さらに細胞が活性化されるため鮮度抜群の肉質となり、肉の旨味軽減の元となるドリップも少ないとのこと。

↑100%日本酒しゃぶしゃぶセット 1人前3900円(前菜3品、銀座 蔵麹豚しゃぶしゃぶ、野菜盛り、日本酒鍋、釜炊きごはんorうどん)
↑100%日本酒しゃぶしゃぶセット 1人前3900円(前菜3品、銀座 蔵麹豚しゃぶしゃぶ、野菜盛り、日本酒鍋、釜炊きごはんorうどん)

 

日本酒のダシ汁は自然の甘味と酸味が凝縮されていた!

いざ実食! もっとも印象的だったのは、日本酒の自然な甘味と酸味です。これがアミノ酸とグルタミン酸由来のものでしょうか。豚肉の味も濃厚なのでタレなどは不要で、このまま食べられるレベルです。また、野菜においても素材のおいしさが際立っています。

20160713-a02 (6)

 

次に、タレよりもオススメだという「黄金ソルト」をかけて試食。まろやかな塩味が豚肉と相まっておいしい! これは醤油粉末で、旨味がきわめて強いながら塩分はひと振り約0.01gでヘルシーとのことです。

20160713-a02 (7)

 

また、日本酒鍋には「プラストッピングフレーバー」も各500円で用意されるそう。種類も豊富で酒粕、麹、ココナッツバージンオイル、薬膳、イタリアントマト、グリーンカレーなどを用意。これだけあれば、さらにしゃぶしゃぶの楽しみ方が広がりますね。

20160713-a02 (8)

 

なお、昼間は糀(こうじ)ドリンク専門店「糀カフェ」として営業。独自に開発した25種類の糀ミルクをもとに、アミノ酸やオリゴ糖、食物繊維などが豊富に含まれた糀ドリンクやスイーツを提供するそうです。(糀ドリンク750円~、大吟醸チョコレート 450円、健康スムージー 800円~、糀かき氷 1,000円~etc)

20160713-a02 (9)

 

お店の場所は、銀座6丁目とかなりの一等地。でもこの画期的な食スタイルは、場所柄もあってこれからさらに大きな話題になることでしょう。2020年の東京オリンピックに向けて日本酒が一層盛り上がりを見せる昨今、ちょっと変わったものを食べたいときは、ぜひ悠久乃蔵を訪れてみてはいかがでしょうか!

 

【SHOP DATA】

悠久乃蔵

住所:東京都中央区銀座6-7-18 デイム銀座2F

アクセス:東京メトロ銀座線ほか「銀座駅」B3出口徒歩3分

営業時間:平日17:00~23:00(L.O.22:00)、土日祝11:30~21:00(L.O.20:00)

定休日:なし

 

【URL】

悠久乃蔵 http://yukyunokura.jp/

TAG
SHARE ON