グルメ
2021/3/17 20:30

朝、昼、夜、全部激ウマ! ケロッグの新作「ポップコーン グラノラ」の優れた汎用性に驚かされた

健康的で、ごはんにもおやつにもなるグラノーラ。朝食に活用している人も多いこのカテゴリーに、ケロッグからインパクト大の新商品「ポップコーン グラノラ」が登場しました。この2月下旬から、全国のスーパーやドラッグストアなどで販売されています。

 

↑「ポップコーン グラノラ」。350gで、実勢価格498円(税抜/編集部調べ)です

 

コーンフレークはシリアルの定番ですが、同じ原材料から作られるポップコーンというのはありそうでなかった新発想。果たしてその相性は、そしてどんな味わいなのか。アレンジなどもいくつか試しつつ、おいしさに迫ります。

 

 

甘香ばしさと栄養価をしっかり両立

パッケージは、ポップさや爽やかさなどを演出するミントグリーンがメイン。このデザインもグラノーラとしてはなかなかユニークです。味は「キャラメルフレーバー」で甘く香ばしいイメージですが、グラノーラの魅力である栄養価も両立。6種のビタミンと鉄分を豊富に含み、適正糖質量のロカボも実現されています。

 

↑1食ぶん40gあたり、174kcalで脂質は4.9g。裏面には、一般的なパン中心の朝食と比べて栄養バランスがかなり良いことなども載っています

 

ポップコーンには「マッシュルーム型」と「バタフライ型」の2種類があるのですが、同商品に採用されているのは前者。よりふわっと軽い「マッシュルーム型」に、ザクザクしたグラノーラをブレンドしています。

 

↑シリアルにはオーツ麦、大麦、米、小麦、とうもろこしを採用

 

なお、ポップコーンには油が使われていません。高温空気で加熱しふくらませたあとに、調味シロップを4種の穀物と混合して焼成する2度加熱の手間をかけることで、新しい食感を実現しているそうです。キャラメルポップコーンはおなじみの味ですが、グラノーラとなるとどうなるのか。いよいよ食べてみます。

 

↑ポップコーンはカリッとふわっと、シリアルはザクザクした食感

 

ポップコーンとそれ以外のシリアルは、キャラメルコーティングで一体化しているものがあれば、そうでないものも。大小多彩で、このメリハリが好アクセントになっています。また、甘味が濃すぎないので重さも感じません。さらに、塩のニュアンスも感じられるので味わいに奥行きがあり、香ばしさと相まって全体的にバランスのいいおいしさだと思いました。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON
// GAKKEN-326 にてコメントアウト(ecコンシェルCrosumedelia) if (!in_category( array('shopping') )): ?>