デジタル
2017/2/6 17:00

iPhoneで使える手のひらサイズミキサーやエントリーキーボードなどローランドの新製品に物欲がとまらない!

電子楽器のローランドは、2月1日、2日に「ローランド/ボス2017春の新製品発表会」を開催。プロ向けのステージピアノやソロギターや弾き語りに適したステージアコースティックアンプ、直感的な操作が可能なオールインワンAVミキサー、シンプルかつ高音質なUSBオーディオインターフェイスなど、多彩な新製品が登場。特設ステージでは、プロミュージシャンによるデモンストレーションも行われました。今回発表された新製品のなかから、注目の製品をピックアップしてご紹介します。

 

音質と操作性、遊び心にこだわったエントリーキーボード

「GO:KEYS」と「GO:PIANO」は、これから鍵盤楽器を始めてみたいという人に最適なエントリータイプのキーボード。両機種ともに高品質な象牙調の61鍵ピアノタイプ鍵盤を搭載。コンパクトなボディながら、本格的な演奏が楽しめます。

20170206-i01 (1)
↑赤いほうが「GO:KEYS」、黒いほうが「GO:PIANO」

 

20170206-i01 (9)

 

本体には2.5Wのステレオスピーカーを搭載。また、Bluetoothも搭載しているため、スマートフォンやポータブルオーディオプレーヤーなどの音楽を流しながら演奏が楽しめます。電池駆動も可能なので、場所を選ばずに演奏できる点もいいですね。

20170206-i01 (10)

 

「GO:KEYS」は、500種類以上のサウンドを搭載。また、鍵盤を5つのパートエリアに分割し、鍵盤を押すだけでドラム、ベース、シンセ、ピアノ、その他の楽器のループ演奏が手軽に楽しめます。また、鍵盤上部にある「パフォーマンス・パッド」を指でなぞると、ピッチ変化やビブラート、フィルター、ロールなどのエフェクトをリアルタイムでかけることが可能。DJ気分でプレイができます。

20170206-i01 (2)

 

「GO:PIANO」は、ピアノの音色に特化したキーボード。ピアノは10音色。どれも高品位で、タッチによる音色変化や表現力を実現しています。ピアノ音色のほか、エレピ、オルガン、ボイス系など40音色を内蔵。また、GO:PIANOのみ、譜面立てとペダル・スイッチが付属します。

20170206-i01 (3)

 

手軽に多彩な音色を楽しみたいのならGO:KEYS、ピアノの音色にこだわりたいのならGO:PIANOを選ぶといいでしょう。発売は2017年4月で、実売予想価格はいずれも4万3000円前後。

 

スマートフォンで高音質ミックスが楽しめるスマホ専用小型ミキサー

SNSなどで「演奏してみた」動画をアップしている人にオススメなのが、スマートフォン専用小型ミキサー「GO:MIXIER」です。

20170206-i01 (5)

 

手のひらに乗るコンパクトなサイズながら、マイク、ギター/ベース入力端子のほか、キーボードなどのライン入力に適したTS標準入力(L/R)と、3.5mmステレオミニ入力2系統を装備。このサイズで5系統の同時入力が可能となっています。

 

本体はUSBバスパワー駆動となっており、スマートフォンやタブレットなどと接続するだけで使用可能。本体にはLightningケーブルとUSB-OTGケーブルが付属しているので、購入後すぐにミックスが楽しめます。面倒なドライバーインストールも不要です。

↑パッケージ
↑シンプルで手に取りやすいパッケージ

 

LINE1端子には、センターキャンセル機能を搭載。センターに定位した音をキャンセルできるので、ボーカルなどの目立たなくすることが可能。カラオケ気分で歌いたいというときに便利です。

 

各種機材を接続後、スマートフォンを接続してビデオ録画、または音声録音を行えば、スマートフォンとは思えない高品質な音での録音が可能です。大きな機材を使うことなく、コンパクトにワンランク上のミックスが可能。発売は2017年3月で、実売予想価格は1万1000円前後。

 

祝40周年! BOSSコンパクトエフェクター「DS-1」の限定モデル

BOSSといえば、歪み系から空間系まで幅広いラインアップと高品質な音で、世界中で愛用されているコンパクトエフェクター。ギターキッズなら一度はお世話になったことがあるはずです。

20170206-i01 (6)

 

2017年は、BOSSコンパクトエフェクターの誕生40周年というアニバーサリーイヤー。それを記念して、「DS-1」の限定モデルが発売されます。DS-1は、現行機種の中でもっとも販売期間が長く、数々の名曲で用いられている定番中の定番ディストーションです。

 

音色は現行機種と同じですが、ボディカラーは通常のオレンジではなく漆黒に。そして、モデルネームはゴールドとゴージャスな装いになっています。こちらは1月28日より販売開始されており、実売価格は6500円前後となっています。

20170206-i01 (7)
↑左が通常モデル、右が限定モデル

 

↑BOSSのアンプ「Acoustic Singer」シリーズを使ってライブを披露したbonobosの小池龍平さん
↑BOSSのアンプ「Acoustic Singer」シリーズを使ってデモ演奏を披露したbonobosの小池龍平さん

 

↑「GO:KEYS」やステージ・キーボード「RD-2000」を使ってデモ演奏を披露したキーボーディストの篠田元一 さん
↑「GO:KEYS」やステージ・キーボード「RD-2000」を使ってデモ演奏を披露したキーボーディストの篠田元一
さん

 

そのほかの新製品については、ローランドのWebサイトからチェックしてください。気になる製品があったら、ぜひ楽器店などで体験してみましょう!

 

【URL】

ローランド https://www.roland.com/jp/categories/featured_products/

TAG
SHARE ON